予防医学の鍵、「ウンチのデータ」を最初に手に入れるのはどこか

写真拡大

腸内微生物群の働きを調べるため、いま注目されているのが「糞のデータ」だ。米スタートアップuBiome社は、糞便がもつ「病気のメッセージ」をいかに集め、疾患予防に役立てようとしているのか?

「予防医学の鍵、「ウンチのデータ」を最初に手に入れるのはどこか」の写真・リンク付きの記事はこちら

シリコンヴァレーや政府にかかわる大きなエージェントたちが、いままさにトイレのドアをノックしている。というのも、人間の「便」が、いまホットな「研究対象」だからだ。

マイクロバイオームのスタートアップ・uBiome社(ユーバイオーム)は、米疾病管理予防センター(CDC)と共同で入院患者1,000人の糞便サンプルを分析する計画を発表した。

マイクロバイオーム、すなわち人間の腸内に生息するバクテリア群の重要性が認知されつつある。これら腸内微生物の遺伝子配列が、疾患予防を行うための有益なツールになることは間違いないだろう。が、問題はそれがまだポテンシャルの域にとどまっているということだ。まだ誰も、その解析方法を見つけられていない。

糞のメッセージを解読せよ

腸内の正常微生物群は、血糖値やコレステロール値などのように、それだけを単一の測定対象とすることは難しい。そこでユーバイオームとCDCは、「マイクロバイオーム崩壊指数」(Microbiome Disruption Index)という指標を開発し、抗生物質などの治療によってどのように腸内微生物が変化するのかを追跡することにした。

CDCが患者からサンプルを集め、ユーバイオームが遺伝子配列を解析する。サンフランシスコを拠点とするユーバイオームは現在、消費者向けにもサンプル採取キットを販売している。購入者はサンプルを採取したあと、それをユーバイオームに郵送するだけでいい(グーグルが出資するDNA解析サーヴィス「23andMe」と同様のやり方だ)。

またユーバイオームは最近、10万ドル分のキットを研究者に配布する制度を開始し、いわばマイクロバイオームの虜になっているCDCはこれに合流した。「マイクロバイオームの専門知識を掘り下げているような会社と一緒に仕事をしたいと思っていました」とCDCの疫学者アリソン・ハルピンは言う。「CDCは、いつでもパートナーを求めていますから」

2016年初めにも開始される予定になっているこのプロジェクトは、オープンエンドで進められる。CDCはマイクロバイオーム崩壊指数を使って院内感染リスクを予測する方法について、検討を始めたばかりだ。「検査にかかるコストが下がれば、糞便検査はマイクロバイオーム解析の基本ツールとなる可能性があります」とハルピンは言う。「得られた情報をどのように解釈して、どのように理解するのか。わたしたちはそれを先駆けてやろうとしているのです」

解析情報の解読は、ユーバイオームにとっても大きな課題である。彼らはいま、消費者と直接やりとりする「キット販売」から、医師の注文を受ける「臨床ビジネス」へと事業を拡大しようとしているのだ。「わたしたちは医療現場へと向かいつつあります」と言うのは、ユーバイオーム共同創業者でCEOのジェシカ・リッチマンだ。「CDCとのコラボレーションによって、何が問題かを明らかにしていくのです」

そう、糞便検査はまだまだ始まったばかりなのだ。リッチマンによれば、ユーバイオームは来年にも最初の臨床検査を行うという。彼女はその詳細を教えてはくれなかったが。

臨床検査の壁

信憑性の程度に差こそあれ、研究者たちはこれまで、マイクロバイオームと肥満や癌、精神疾患といった大きな疾患との関係を明らかにしてきた。しかし、ユーバイオームはもっと小さく、わかりやすい検査からスタートしようとしている。例えば、クロストリジウム・ディフィシル菌の有無を調べるといったものだ(クロストリジウム・ディフィシルは、腸に深刻な問題を引き起こす菌だ。抗生剤を摂りすぎて腸内細菌がダメージを受けると発病することがある)。

ユーバイオームの研究室は臨床検査室改善法(Clinical Laboratory Improvement Amendments:CLIA)によって認定を受けており、個別に許可を取ることなく、次々と新たな試験を行うことができる。だが、これは十分に注意が払われたうえで行われなければならない。血液検査スタートアップ・Theranosの最近の騒動もあり、米食品医薬品局(FDA)は、臨床検査の規定を厳しくするよう求めているからだ。ユーバイオーム上級研究員のダニエル・アルモナシッドは、現時点で「われわれはCLIAの基準をすでに満たしており、問題はないと考えている」と語っている。

遺伝子検査の結果に関して、23andMeとFDAが大きな論争を繰り広げた話は有名だ。もしユーバイオームがこのまま開発を進めるのであれば、同じくこの規定の壁にぶち当たるかもしれない。しかししばらくの間は、この1,000点のサンプルは、糞をデータに変えるための強力なツールとなるだろう。

TAG

BacteriaGut MicrobiotaHealthMicrobiomeStartupWIRED US