「Uber化」した自律走行車、という夢の都市交通コンセプトモデル

写真拡大

都市交通の未来はどうなるのか。イタリアの工業デザイナー、トマゾ・ジェッケリンは、モジュール型自動運転車「Next」を構想し、2020年までに稼働を開始しようとしている。

「「Uber化」した自律走行車、という夢の都市交通コンセプトモデル」の写真・リンク付きの記事はこちら

イタリア人工業デザイナーのトマゾ・ジェッケリンが描いてみせたのは、都市交通の未来像だ。自律走行・電気自動車のシステムはよく語られるところだが、ジェッケリンの描くそれに特徴的なのは「モジュール構造」だ。

平板な側面をした箱型の乗り物はいずれも同じ大きさをしていて、簡単に繋げたり切り離したりできる。ジェッケリンが「Next」と名付けたこのアイデアならば、このシステムはオンデマンドで利用できて、乗り合いの公共交通機関にもなる。

これは、「Uber」と市バスをかけあわせたようなシステムだといえる。例えばNextのボッドが1台、朝早くに自宅まであなたを迎えに来る。それから隣人も乗せて大通りに出ると、行き先が同じポッドと連結して街へと向かう──。

ジェッケリンがこのアイデアを思いついたのは、以前勤めていたデザインスタジオで「未来のバス」を考えるプロジェクトに携わっていたときだ。ヴェネチアでバスの乗客にインタヴューをしていたとき、ある婦人がジェッケリンに、将来の公共交通機関はある場所から別の場所へ移動するためだけでなく、まったく別のかたちになってほしい、と答えたそうだ。そしてジェッケリンはピンと来た。

「未来の交通は、移動を含む生活それ自体を指すのです」とジェッケリンは語る。これを彼は、iPhoneとApp Storeを例に説明してくれた。つまり、優れたハードウェアを提供できれば、サードパーティーがそれを土台にして新しいビジネスやサーヴィスを次々に開発するというわけだ。例えば、荷物を預けておいて、空港から家へと帰るために呼んだNextのポッドに積み込むサーヴィスもいいだろう。あるいは、どこへでもトイレを運んでくれるようなビジネスも考えられるだろう。スターバックスのコーヒーがポッドに配達されるのもいいかもしれない。

こうしたアイデアは、当時勤めていた会社では少々突飛すぎたようだ。結果、彼は独立の道を選んでNextを立ち上げた。いまはまだ構想段階だが、ジェッケリンは「アイデアは揃っています。青写真はできていて、工学的にも実現可能です」と言う。彼がデザインしているモジュールは既存の部品を集めてつくり上げられるし、ソフトウェアもほぼ揃っているそうだ。

またジェッケリンは、名前こそ伏せているが、ハードウェアに関しては「ドイツの大手企業」との話も進んでいるという。また、ドイツのいくつかの都市とリトアニアの1都市がパートナーの候補となっているそうだ。彼は、2020年までにはNextは完成して稼働を始めることを想定している。

しかし、カーネギーメロン大学の工学の教授であり『Autonomous Vehicle Technology: A Guide for Policymakers(自動制御運転技術: 政策立案者のためのガイド)』の共著者であるコスタ・サマラスは、現実的には、実現するのはこれからの15〜30年の間だろうと述べている。その理由のひとつは、自律走行はいまだ開発途上の技術だからだ。「運転者が後部座席でおしゃべりをしていようと自ら運転してくれる自動車は、技術的には十分に可能です。しかし、まったく誤動作しないようなレヴェルとは程遠い」と、サマラスは語る。

さらにジェッケリンが描くようなモジュール型自律走行車となると、互いに連携を取りつつ、臨機応変に進路を決めなければならないため、まったく新しいレヴェルの技術開発が必要となるのだ。Nextにはまた、新しいインフラストラクチャーも必要となる。ジェッケリンが思い描くような車両は6人分の座席に加えて4人が立って乗れる広さが必要だし、10人が乗れる乗り物は大きなエネルギーを消費する。

この難問を解くにあたり、ジェッケリンは、積み替え可能型のバッテリーを採用しようとしており、それをポッドに積んで他のポッドに送り届けるシステムを思い描いている。すると今度は、これらのバッテリー用ポッドの配車が課題になる。Nextのネットワーク内でロジスティクスを最適化しなくてはならなくなる。ちょうどUberが、市バスの路線図とスケジュール(それも決して時間通りには来ない)を考慮した高度な地図をつくり上げたのと似ている。このためにはまた新しいソフトウェアが必要となるだろう。

Nextを実際に利用する人々についての問題もある。代金をどのように支払ってもらうかも課題だし、米国では、自動車の個人所有が依然として多数派だ。「米国は、毎年1,600万台の新車と4,000万台の中古車が売買されています」とサマラスは言う。「誰もが自律走行車を必要とするかというと、それは絶対にありえません」

とはいえ、Nextのようなシステムは、提供される価格によっては「都市部に住む人たちに、クルマの購入を思いとどまらせるかもしれません」(サマラス)

Nextは単なる空想の産物にすぎないのかもしれない。でもサマラスは、ジェッケリンのアイデアには理にかなった部分もたくさんあると言う。わたしたちの生活は、ますます移動が重要になっている。

もちろん、誰もが皆、いますぐ自律走行車を望んでいるわけではないが、一方で、多くの人がすでに、移動の際に運転手や車掌がいなくても慣れて平気になってきた(例えば、いまも無人運転の列車や地下鉄が増えている)。つまるところ、サマラスが言うように「このコンセプトは強力」なのだ。

TAG

CityTransportationUberWIRED US