新感覚のヤクルト

写真拡大

ヤクルト本社は2015年11月30日、「カップ de ヤクルト」を16年3月下旬までの期間限定で発売した。

乳酸菌飲料「ヤクルト」が食べるタイプになった商品。前年10月にも発売し、15年3月末までの販売予定が好評により6月まで延長になった人気者だ。今回も、前に食べてファンになった人のみならず、以前販売されていたことを知らず初めて試した人からも人気を博しているようだ。

低カロリーもうれしい

ヤクルトの風味に生クリームを組み合わせ、濃厚な味わいとすっきりとした酸味が楽しめる商品に仕上がっている。

前年人気を博した商品の復活、また東京ヤクルトスワローズのマスコット・つば九郎がブログでオススメしていたこともあり、購入者が相次いでいるよう。

ツイッターでは、

「カップdeヤクルトうまーー なにこれちょー好き。飲むやつよりほんのり甘くて濃い!」
「本当にぷるぷるしたヤクルト食べてるようだわ... 美味ぇ...」
「多分この世のどんな高いスイーツより好きですコレ」

などなど、絶賛が続々と書き込まれている。

「すごく美味しい。なのに、たったの100kcal」

と、低カロリーなのも高評価のポイントだ。

一方、80グラムという内容量には「量が物足りない...1.5倍くらい欲しい」と、残念がる声もみられた。

希望小売価格は115円(税別)。