メカニズムはまったく違うものの、「更年期」のような症状が20代〜30代などでも出るという、いわゆる「若年性更年期」と呼ばれる不快症状。

具体的にはどんな症状なの? 成城松村クリニック院長の松村圭子先生は、以下の特徴を挙げる。

●更年期に似た不快症状の特徴

・めまいがする

・息切れがある

・のぼせがある

・頭痛がある

・生理不順

・下痢や便秘

・よく眠れない

・寝ても疲れがとれない

・なんとなくイライラする

「若年性更年期と呼ばれるものは、いわゆる『不定愁訴(ふていしゅうそ)』で、原因となる病気がないのに起こる不快症状によって、なんとなく体調が悪い状態を指します」(松村先生 以下同)

「よく眠れない」「疲れがとれない」といった悩みを日頃から抱えている人は少なくないだろうし、「もともと下痢気味(あるいは便秘気味)」といった体質を持つ人も多いだろう。

こうした不調について、心配なものと、そうでないものの違いとは?

「例えば、年齢相応の疲れや不調というものはあります。でも、20代くらいはもともと元気な世代ですので、不調であることのほうがおかしいのです」

20代の頃よりも30代になって疲れやすくなった、40代で疲れが抜けにくくなったなどは自然なことのようだが、若い頃の不調は、注意が必要だ。

●「いつもだるい」のは体質のせいじゃない!

とはいえ、自分のなかで「当たり前」になっている体質や体調が、普通であるかそうでないかは、自分ではなかなかわからないもの。治療が必要かどうかの目安について、松村先生はいう。

「『元気な日が少ない』『いつもだるい』『やる気が起きない』という状態が当たり前になっている方がときどきいます。大切なのは『ちゃんと寝られるか・起きられるか』と『疲れをリセットできるか』です」

疲れやすかったり、だるさを感じたりしても、1日寝れば回復できて、自分なりにスッキリさせられる手段があるなら問題ない。しかし、そうでない場合は一度医師の診断を仰いだほうが良いという。

自分では当たり前になっていたり、「気のせいかも」と思ってやり過ごしたりしている不調は、実は全然「普通」でないことも多々あるそう。

本来、元気であることが当たり前の20代〜30代でありながら、常に抱えている不調やだるさがあるという人は、一度医療機関を受診してみては?

(田幸和歌子+ノオト)