失業率が20年3カ月ぶりの低水準も景気が回復しない本当の要因

ざっくり言うと

  • 10月の完全失業率が11月27日に発表され、約20年ぶりの低水準と分かった
  • 一方で10月の実質消費支出は前年比2.4%減で、2ヵ月連続のマイナス
  • 失業率が良好でも過去の話に過ぎず、消費が悪いのは消費税増の影響という

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング