コットンパールの火付け役!「プティローブノアー」が代官山 蔦屋書店に期間限定店

写真拡大

置いてある書物のラインナップがとてもセンスがよく、大人の好奇心を刺激してくれる代官山 蔦屋書店。カフェ空間も居心地がよく、会社帰りや週末などにのんびり過ごすのがお気に入りという人も多いはず。そんな代官山 蔦屋書店にて、2015年12月1日(火)〜12月25日(金)の期間限定でコスチュームジュエリーブランド「プティローブノアー」の期間限定のポップアップストア「petite robe noire BLACK AND GOLD」がオープンしているそう。

「プティローブノアー」は、コットンパールブームの火付け役として知られるブランド。デザイナーの阿部好世さんが2009年にコレクションをスタート以来、“古いものと新しいものをつなぐ”というコンセプトのもと、洋服からコスチュームジュエリーまで日本製にこだわって制作している。特に代表作であるコットンパールアクセサリーは、シンプルな一粒パールのピアスやイアリングから、パールが何連にもなったクラシカルな雰囲気漂うネックレスまでさまざまなデザインが揃い、デビュー以来、根強くファンに愛されている。

そんなプティローブノアーの世界観が堪能できる今回のポップアップショップ。会場には、ブランドのキーカラーであるブラックとゴールドを使ったアイテムを中心に、コスチュームジュエリーをはじめ、シンプルで着心地のよいブラックドレスなど冬の装いを彩る多彩なアイテムをラインナップする。
なかでもイチオシは、日本の職人が1つひとつ丁寧に手作業で作り上げたコスチュームジュエリー。6連ネックレス(48000円)や付け襟ネックレス(22000円)、ベルベットリボンイヤリング(5000円)など上品なデザインにひと目惚れ。


また、流行に左右されないシンプルなデザインと丈夫な作りが特長の「PORTER YOSHIDA」とコラボしたデイパック(28000円)や、オリジナルのトートバッグ(22000円)も登場。持ち手とボトム部分にゴールドやシルバーの箔プリント生地を使ったキャンバス地のトートバッグは、さりげなくキラキラと目を引くデザインでスタイリングのアクセントにもぴったり!

作り手の想いが感じられるようなモノばかりで、長く大切に使いたくなるアイテムにきっと出会えそう。自分へのご褒美に、友人へのギフトに、お気に入りを探しにぜひ訪れてみては!?