予防接種は大人も有効(shutterstock.com)

写真拡大

 流行性耳下腺炎(おたふく風邪)の流行が、全国的に拡大しつつある。

 国立感染症研究所によると、第48週(11月23日〜29日)の流行性耳下腺炎の報告数は全国で2401人。定点医療機関あたりの患者報告数が3.96人と最も多い佐賀県では、すでに注意報が発令されている。

 しかし、そんなニュースを見かけても、「所詮は子どもの病気だから、自分には関係ない」と思っている人も少なくない。おたふく風邪を侮るなかれ。その合併症は、子どもよりも大人のほうが怖い。

 おたふく風邪の好発年齢は、集団生活を体験しだす2〜5歳。ワクチンの接種期も、それ以前が適切とされている。さらに、男性の合併症例(精巣炎・睾丸炎)が10歳以降に増えるので、遅くとも思春期前のワクチン接種が肝要だともされている。

 それが「おたふく風邪は子どもの病気」と誤解されがちな所以だろう。だが、大きな間違いだ。おたふく風邪は、大人も例外なく罹る病気であり、高熱で生殖器に影響が及べば、男性の場合は精子の減少や減退で不妊へ、女性の場合も卵巣炎で不妊確率が7%前後という統計もある。

唯一の予防法はワクチン接種のみ

 おたふく風邪はムンプスウイルスが原因で、片側ないし両側の耳下腺(=耳の下)が腫れる感染症だ。上気道から飛沫感染し、2〜3週間の潜伏期を介して発症する。

 首の痛みや発熱、頭痛や腹痛や倦怠感、咳・鼻水・嘔吐を伴うこともあり、前述以外にも難聴や脳炎・膵炎・肝炎、髄膜炎・骨髄炎・甲状腺炎・心筋炎、溶血性貧血などの合併症を引き起こす。罹れば対症療法、唯一の予防法がワクチン接種なのは、老若男女いずれも事情は変わらない。

 罹る季節も冬期とは限らず、今夏を例に取れば、ブラジル代表FWのネイマール選手(バルセロナ)がおたふく風邪で15日間の戦線離脱。HKT48の秋吉優花さんも同じ8月のおたふく風邪に見舞われて、指原莉乃が座長を務める舞台の休演を余儀なくされた。

 また、タレントの小川菜摘さんも、一昨年3月のブログで「耳下腺炎」による安静を報告。「一昨日の夜から急に右の耳の下が痛みだし、気が付くと、物凄い腫れ上がっていました」と典型的な症状を記し、季節を問わない大人のおたふく風邪を証言していた。

抗体獲得率90%で「重篤」を回避する

 接種後の抗体は、平均で8年間は持続すると見られている。しかし、免疫力も個人差があり、抗体は経年に伴い低下していくので、成人の予防接種が推奨される。実際、過去の接種年齢やおたふく風邪体験の有無さえも失念している人も多い。

 そんな曖昧な立場でワクチンを接種してもいいのだろうか? 答えはYESである。

 おたふく風邪に罹っているかどうかの判別には、抗体検査(=採血)が必要となる。「検査結果が出るのが数日後だと面倒くさい」という人は、検査をスルーして予防接種(6000〜8000円前後:保険適用外)を受けても特に問題はないという。あなたが抗体を持っていても、副反応の心配はないからだ。

 予防接種による抗体獲得率は、子どもか大人かを問わず「90%前後」。その後まるで活躍の機会がないと、抗体は低下して消えてしまう。逆に、おたふく風邪は感染しても症状のでない例(=不顕性感染)が30〜40%前後の確率であり、(ウイルスとの接触で)免疫が増強されれば抗体が持続される。

 いずれにせよ、「絶対罹らない」という選択肢はない。罹ったら通勤も通学も約10日間は厳禁とされ、内科や耳鼻科で処方される薬を飲んで自宅療養に努めるしかない。遅まきながら、あなたもワクチン接種を検討してみてはいかがだろう。
(文=編集部)