宮迫博之が地獄の不遇時代を語る 「死んだほうが楽」と赤信号渡る

ざっくり言うと

  • 宮迫博之が12日の番組で、東京で仕事がなかった地獄の日々を語った
  • つるむ友達も少なく「家で体育座りしていたり」とどん底状態だったと告白
  • 赤信号の横断歩道を渡るなど「死んだほうが楽だなっと思ってた」とも述べた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング