冷え性に悩む女性は多いものですが、最近は若い男性にも冷え性が増えているそうです。女性と違い、男性の冷え性には思わぬ病気が隠れていることもあるようです。そんな男性の冷え性について調べてみました。

どうして冷え性になるの?

人間の体は内臓がきちんと働けるように体温を一定に調節する機能が備わっています。それが自律神経です。暑いと体温が高くなり過ぎないように汗腺を開き、汗をかいて熱を放出します。逆に寒いと内臓が冷えないように体の中を温めようとするために手足などの末端から熱が奪われてしまいます。手足から冷えていくのはそのためです。つまり内臓が冷えるような生活をすると冷え性になりやすいのです。手足の冷えが気になる人は内臓が冷えないように食べ物を見直す、いつも胃腸が活発に動くように運動や咀嚼を意識することが必要です。また、自律神経の働きがスムーズにいかなくなることによっても、体温調節の機能にも狂いが生じて冷え性になることがあります。

本来女性に多い冷え性、その理由は?

男性と女性では、体型にかかわらず筋肉と脂肪の量が根本的に違います。女性は男性よりも筋肉が少なく脂肪が多い傾向があり、熱を発するのは筋肉なので熱が作られにくいために冷え性になりやすいのです。女性ホルモンの関係もあり、自律神経の働きがうまくいかなくなる→体温調節ができない→自律神経の働きがうまくいかないという連鎖を生むことも少なくありません。
しかし最近では男性にも冷え性が多いと言われます。その原因は体温調節をする自律神経の働きが悪くなるほどエアコンが効いた環境にいることと、仕事などのストレスが考えられます。いずれも自律神経の働きを低下させているのです。そして男性が末端冷え性になるもう一つの原因がいま注目されています。

男性の末端冷え性の原因はアノ病気?

近年食生活が欧米化してきたことや、慢性の運動不足などで若いうちから生活習慣病に陥る人が少なくありません。特に血液がドロドロになり血管が詰まったり、血管の柔軟性が無くなり硬くなってしまう動脈硬化は、将来的に心臓疾患や脳梗塞、脳出血の恐れがあるために注意しなくてはならない症状です。男性の場合、この動脈硬化があると血液の巡りが悪くなり手足が冷える末端の冷え性が起こるため、単なる冷え性で片付けられないこともあるのです。喫煙している人や高血圧の人、生活習慣で身に覚えのある人は人間ドックなどを受けたほうが安心かもしれません。動脈硬化は見た目にはわかりませんから、「自分は大丈夫」と思っていたら要注意です!


writer:しゃけごはん