© 2014 B REEL. All Rights Reserved.

写真拡大

“フーディーズ”と呼ばれる人達をご存知だろうか?
ミシュランの星付きレストランをはじめ、世界各国、津々浦々の一流レストランに訪れ、高級料理を食べ歩く美食家たち。それが“フーディーズ”、だそうだ。

【食べ放題】高級肉もガッツリいける! 安くて超お得な11店【東京】

レストランや料理の情報をブログやSNSで発信し、カリスマシェフからも一目置かれ、予約が困難な超有名店でもたちまち席を確保するという彼ら。

一体、どういった人々なのだろう?

彼らの素顔に迫るドキュメンタリー映画『 99分,世界美味めぐり』(2016年1月30日[土]全国ロードショー公開)から、その生き方について考えてみた。

生まれも育ちも個性もさまざま

映画には、現在美食家の最高峰といわれる5人の“フーディーズ”が登場する。もちろん彼らは組織だって動くわけではなく、それぞれが日々、気のおもむくままに(?)、お目当ての料理を食べ歩く。

登場するメンバーは以下の方々。

1)アンディ・ヘイラ―さん

シェル石油の元重役で、2014年にミシュラン三ツ星全110軒を制覇した世界唯一の人物。
医師をしている奥さんとロンドンで暮らしながら、ここ二十数年、飽くことなく美食を食べ続けているという。

自身のウェブサイトでは、20点満点で飲食店を独自評価。
2015年10月にも来日していて、寿司にとんかつ、天ぷら、イタリアンまで、間違いなく美味しいであろうものを次々と食された模様。

2)パーム・パイタヤワットさん

タイ・バンコクの金鉱会社の御曹司。ロンドンで学校に通いながら、名門どころから地域の伝統食まで、美味しいものを探究。

日本にもたびたび訪れているらしく、滋賀で鮒ずしも実食。そのときの様子を洗練されたユニークな“マンガスタイル”で紹介していて、興味深い。

3)スティーヴ・プロトニキさん

レコードレーベルの元オーナー、音楽業界の大物。星付きレストランのとある料理を「史上最悪」と酷評するなど、映画の中でも個性全開(でも素顔は気のいいオジサマっぽい)。

レストランのレビューサイトを運営。詳しいレビューを見るには会員登録が必要だが、フェイスブックなどで華やいだ料理記録が見られる。

4)アイステ・ミセヴィチューテさん

リトアニア生まれの元ファッションモデル。スリムビューティながらモデル時代から食べることが大好き。世界中の美味しいお店探しに情熱を燃やし、自らを“food-trotter(※)”と表現。

※美食のために世界中をぐるぐる駆け回る旅人、みたいな意味か

日本食についての記述では、日本の食文化や、料理人たちの仕事の流儀・精神性などに対する共感や理解が感じられる。

5)ケイティ・ケイコ・タムさん

定時の仕事で得た給料で世界中を食べ歩くという、香港出身の女子。
特にお気に入りはフレンチ、和食、中華だが、情熱を持って調理された優れた料理、そのすべてに価値を感じるとのコメントあり。

写真のクオリティにもこだわりが見られ、美しいインスタグラム写真はギャラリー感覚でうっとり鑑賞できる。(※現在来日中のようで、これを書いている最中も着々と更新中)

食べ方とは、「生き方」

おそらく多くの人にとって、美食は“非日常”を楽しむためのひとつの手段だ。しかし彼らは、美食を“日常”の中に置き、世界中のレストランに一人で出かけ、写真を撮り、食べては書き、を続ける。

それは実際、華やかな、楽しいだけのものではないだろう。ときに孤独を感じることもあるかもしれない。スクリーンを通して見る彼らの姿は、ただひたすら一つの道を究めようとする“孤高の求道者”のように見える。

何が彼らに、“フーディーズとして生きる道を選ばせたのか?

その背景や事情は様々にあると思われるが、ひとつには、自分をより高めるための方法が“美食”を食べ歩くことだった、ということがいえるだろう。

また、それを知る手がかりとなりそうなコメントが、映画の所々に散りばめられている。
あるフーディーズはこう語る。

「何を食べるかに、生き方が表れる」
「どうせ食べるなら、おいしいものを」

人生の時間は限られている。1日3食を食べるとするなら、単純計算で「3×残りの人生の日数分」しか食べられない。生きている間、あと何食食べられるだろう…と考えると、確かに、「1食1食を大事にしなければ」という焦りにも似た思いが湧いてくる。

本当に価値あるものを探究している人々、という見方も

「美食なんて、ただの道楽だ」と、彼らを冷めた目で見る人もいるかもしれない。

世界には十分な食糧がありながら、飢餓や栄養不良で苦しむ人々が億単位で存在している。「美食に費やすほどのお金があるなら…」と考える人もいるだろう。

けれども、自分のお金をどう使うは個人の自由。それに、すべての人が節制して暮らすことが、世の中にとって必ずしも良いとは限らない。

環境に負荷のかからない方法で生産された農産物は手間がかかる分、コストも上がる。優れた調理技術や伝統の食文化を守るためには、相応の対価が払われるべきだ。

価格が高くても、質のよい食べ物を選ぶ人がいるからこそ、生産者を含む作り手が守られ、環境が守られ、文化が守られるという側面もある。

情報が増え、間口が広がったことで誰もが気軽に高級料理店に行けるようになり、一部の来店客の「マナーの悪さ」も指摘される。一方で、彼らのような人々が「価値のあるものを守っている」と捉えることもできる。

料理の一皿一皿の味をめぐる細かな意見の対立はさておき、5人の“フーディーズ”に共通しているのは、本当に美味しいものを提供しようとする、レストランや料理人への“敬意”だ。

正直なところ、映画を観るまでは、このご時世「なぜ美食をテーマに?」という気がしなくもなかったが、「敬意をもって本当に美味しいものをいただく」という日常の食の選択肢があったことに、あらためて気づかされた。

『99分,世界美味めぐり』
2016年1月30日(土)より 角川シネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国公開