弥生は11日、外部アプリケーションやサービスと同社のアプリケーションを連携させ、データの自動取込・自動仕訳するクラウドサービス「YAYOI SMART CONNECT」の機能強化を行った。

 追加された機能は、銀行明細やクレジットカード、交通系カードなどの取引データを、他社サービスを介さずに直接自動取込・自動仕訳する機能。1,125行の金融機関と法人口座47行に対応する。

 また、取込先IDとパスワードは、サーバー上ではなくクライアント側で保持し、クライアントアプリを通して取引データを取得する。事前に設定することで取引データを自動的に取り込み続けるので、金融機関側のデータ保持期間を気にする必要がない。

 さらに、交通費などの複数の取引を、ひとつの取引にまとめて仕訳データにする「まとめ仕訳」機能も追加搭載された。仕訳内容の確認が煩わしくなることを避けられる。