結婚しない?できない?ドSな藤木直人に叱られる“スパルタ婚活”ドラマ
「私結婚できないんじゃなくて、しないんです」。

 いたたたた……。こんなセリフを人前で言ったら、裏で笑いものにされること必至じゃないですか。

 そんな“たとえ本心でもタブーなセリフ”をズバッとタイトルにした連続ドラマ『私結婚できないんじゃなくて、しないんです』が、来年4月にスタートします(TBS系、金曜・後10時)。主演は、39歳で独身の中谷美紀。

 中谷が演じるヒロインは、青山で美容皮膚科クリニックを開業し、年収1500万円の39歳・美人女医。自分は「いつでも結婚しようと思えばできる」恋愛強者だと思いながら、実は5年間も恋人がいない。同窓会でも女子たちから同情の目で見られてしまいます。

 さらに、割烹店店主で自称「恋愛アドバイザー」の毒舌男(藤木直人)に、「結婚できない女の典型だ」と言い放たれ、モテへの道をビシバシと叩き込まれる……。

 ヒロインが想いを寄せる商社マンは、アラフォー独身の徳井義実(チュートリアル)が演じています。

 この身につまされる内容に、ドラマのスタートはだいぶ先だけれど思わず記事にしてしまいました。

◆「プレ更年期のうぬぼれ女ドクター」!

 中谷美紀は、こうコメントしています。

 「私も『結婚できないんじゃなくて、しないんです』と思っていましたし、そう言い続けてきましたが、原案や台本を読むうちに『本当は私も、結婚しないんじゃなくて、できないのだろうか?』と不安になりました」。

「藤木さんの美しい顔立ちから矢継ぎ早に放たれる毒舌恋愛論は、『プレ更年期のうぬぼれ女ドクター』などイチイチ腹立たしい。でも、世の女性たちははっきりと物を申す男性を待っていたのかも」。

 このドラマの原案は、水野敬也著の『スパルタ婚活塾』。この本が出たとき、女子SPA!でも水野さんのインタビューを5回にわたって掲載しています。

「男を値踏みするな!」
「『セックス・アンド・ザ・シティ』臭がする女はモテない!」
「恋愛したければ、ズバリ、外見を磨け!」
などなど、男目線のスパルタぶりがすごかったです。

 ドラマで藤木直人が演じるドS男は、水野さんがモデルなわけですね。ドラマ第1回めから、独身女性たちの女子会トークにブチ切れて、「負け犬街道を時速300キロで突っ走ることになる!」などと大演説をぶつそうです。

 新井順子プロデューサーは、「ちょっとこの恋愛術を使ってみようかな、と思えるような楽しいドラマを目指しています」とのこと。さて、ヒロインは、中谷美紀は、私たちは、結婚できるでしょうか?

<TEXT/女子SPA!編集部>