強いか弱いかは遺伝による生まれつき(shutterstock.com)

写真拡大

 シカゴ大学などが行なったPET(陽電子放出断層撮影)によるアルコールの臨床研究によれば、アルコールを飲むと、大脳辺縁系に3種類の反応が現れることが分かった。大脳辺縁系は、食欲、性欲、睡眠欲、意欲などの本能、情緒、夢、記憶や自律神経の活動に深く関わっている重要な部位だ。

 研究の結果、大脳辺縁系が反応して陽気になる人、大脳辺縁系に反応せずに気分が沈む人、その中間で雰囲気によって酒をうまく感じたり、まずく感じたりする人に分かれた。

ALDH2の働きは生まれつきの遺伝子が決めている

 世の中は広い。底なしの酒豪もいれば、おちょこ1杯で顔が真っ赤になる人もいる。それはなぜか?

 アルコールは、アルコール脱水素酵素(ALDH)によって有害なアセトアルデヒド(CH3CHO)になり、アセトアルデヒドは、アセトアルデヒド分解酵素(ADH)によって無害な酢酸(CH3COOH)に分解される。

 ALDHという酵素には、ALDH1とALDH2がある。アセトアルデヒドを主に分解するのはALDH2。ALDH2の働きが強い人は、アセトアルデヒドを分解する速度が速いので、アルコールへの耐性が高い、つまり酒が強い。かたやALDH2の働きが弱い人は、アセトアルデヒドの分解速度が遅いのでアルコールへの耐性が低い、つまり酒が弱い。

 ALDH2の働きが、人によって強かったり弱かったりするのはなぜか? ALDHという酵素は、20種類あるアミノ酸がつながったタンパク質。ALDHのアミノ酸がどのような配列になるかを決めているのは、遺伝子だ。ALDH2は534個のアミノ酸からできているが、ALDH2の504番目のアミノ酸はグルタミン酸になっている。

 ところが、ALDH2の働きが弱い人、つまり酒が弱い人は、ALDH2の504番目のアミノ酸がリジンになっている。わずか1個のアミノ酸の配列の違いで、酒が強い弱いの分かれ目になる。実に不思議だ。

日本人は酒に強いのか?弱いのか?

 ALDH2の働きの強弱がすべてを握っているのは分かった。では、日本人は欧米人に比べて、酒が強いのか弱いのか?

 酒が強いのはALDH2活性型、酒が弱いのはALDH2低活性型ともいう。欧米人は体格や肝臓が相対的に大きく、少量の飲酒後に顔面が紅潮したり、動悸・頭痛が起きるフラッシング反応が小さいので、酒が強いALDH2活性型になる。

 一方、日本人のおよそ半数は、体格や肝臓のハンディがあり、フラッシング反応も大きいALDH2低活性型だ。つまり、日本人の方が酒に弱い。

 日本人でも、酒が強い弱いの地域差がある。筑波大学の原田勝二教授らのALDH2活性型の研究によれば、酒が強いベスト3は、秋田、岩手、鹿児島、酒が弱いベスト3は、三重、愛知、石川だった。

 酒が強いか弱いかは、先祖代々、遺伝による生まれつきの体質が決めている。上戸なのか下戸なのか、自分の体質をよく知り、うまい料理を肴に、愉しく酒を味わいたいものだ。

 「酒がいちばんいいね。酒というのは人の顔を見ない。貧乏人も金持ちも同じように酔わせてくれるんだ」――古今亭志ん生
(文=編集部)

参考:「おもしろサイエンス お酒の科学」(日刊工業新聞)、国立がん研究センターHP、e-ヘルスネットHP(厚労省)、「からだのしくみ辞典」(日本実業出版社)、「アルコールと健康NEWS&REPORTS」(アルコール健康医学協会)、独立行政法人 酒類総合研究所HPほか