Doctors Me(ドクターズミー)- お肌にNGな生活、していませんか? あなたの「肌荒れ」リスクを調べる16の質問

写真拡大

肌荒れ、カサカサ、ニキビ、たるみ、シワ…肌に関する悩みは尽きないですよね。特に悩みはないという方は素晴らしいですが、大抵は何らかのトラブルを抱えているはず。

では、どうしたら、お肌の悩みを解消することができるのでしょうか。実は、あなたの生活の中にヒントが隠されているかもしれません。

まずは、生活習慣を振り返って、肌荒れの危険度をチェックしてみましょう!

チェックスタート

□ 生活リズムが乱れがちだ
□ 寝不足気味のことが多い
□ 就寝中にエアコンをつけたままにしている
□ あまり保湿は心がけておらず、化粧水や乳液、保湿クリームを使うことは少ない
□ メイクを落とさないで寝てしまうことがある
□ クレンジング後、洗顔はしない
□ 洗顔の時、ゴシゴシこすってしまいがちである
□ お化粧に使うスポンジやブラシのお手入れをしていない
□ タオルや寝具などは、汚れていない限りはあまり洗濯しない
□ 日中、日焼けどめや日焼けどめ効果のある下地などをつけないまま外出してしまうことがある
□ 喫煙している
□ 油っぽいものやカロリーの高いものをよく食べる
□ 野菜をあまり食べていない
□ 無意識に顔を触るクセがある
□ 便秘がちである
□ ストレスがたまっている

いくつ当てはまったでしょうか?
結果は…

当てはまるものが「0〜3個」


肌荒れ危険度 低

あなたは、とてもお肌の健康にとてもいい生活を送っていらっしゃいます。
現在の状態を保てるようこれからもがんばりましょう。

当てはまるものが「4〜11個」


肌荒れ危険度 イエローカード

キレイなお肌を維持するために、もう少しだけ頑張りましょう。

当てはまるものが「12〜16個」


今のあなたの生活習慣は、肌荒れをおこしやすい環境です。ご注意ください。

お仕事や家事を頑張りすぎていませんか?

十分な睡眠、規則正しい生活、ストレス解消はお肌をキレイに保つために重要なことです。お食事は脂質が多いものを控え、緑黄色野菜をとると、ニキビを予防にも効果的です。

また、便秘がちの方は、繊維を多く含む玄米や根菜などを食べて適度な運動を心がけましょう。

保湿のために、エアコンをつける場合は加湿器も使いましょう。

日焼けは美白の大敵というだけでなく、シワやたるみの原因にもなります。
日焼けどめはSPFだけでなく、シワやたるみを引き起こすUVA波をどれだけカットするかというPAにも注目してください。

喫煙している方は禁煙するとお肌がキレイになるだけでなく、その他の病気のリスクも減らすことができるので、是非とも禁煙をご検討ください。