“シナモン”は世界最古のスパイスのひとつと言われるほど、古くから愛されているスパイスです。シナモンをたっぷり使ったスイーツやシナモンティーが大好き! という方も多いでしょう。シナモンは、漢方では桂皮や肉桂と呼ばれ生薬として用いられる成分。実はスゴすぎる美容・健康効果があるのです。

“シナモン”には血管を若々しくしてくれる

シナモンにはシンナムアルデヒド(桂皮アルデヒド)という成分が含まれています。この成分の働きで注目されているのが、壊れた毛細血管を修復し健やかに保つ働きです。毛細血管は二重構造になっていて、外側と内側はTie2(タイツ―)という分子でつながっています。Tie2は加齢とともに少なくなるので、その結果血管の外側が壊れていき、毛細血管が少なくなるということに。シンナムアルデヒドにはTie2を活性化する作用があるので、毛細血管を若々しい状態で保ち、さらには壊れた毛細血管を修復してくれるのです。

“シナモン”の美容・健康効果

毛細血管は血液によって酸素や栄養素を体の隅々まで運ぶ通路となるものです。毛細血管が若々しく保たれるということは、肌に栄養がいきわたり肌のコンディションを整えるということにつながります。血行が促進されれば、肌のターンオーバーも活発になり、気になるシミやシワを減らす効果も。さらには、シナモンに含まれるアラキドン酸が血液の凝固を抑え、サラサラの状態にしてくれることも分かっています。つまり、シナモンを摂取することで、血管も血液もキレイにしてくれるということですね。血行が促進されれば、冷えやむくみを解消することもできます。

ダイエットにもいい“シナモン”

シナモンには、血糖値を安定させる効果があることが分かってきています。シナモンに含まれるプロアントシアニジンの働きで、インスリンが分泌されるため血糖値を抑えることができると考えられているのです。血糖値の乱高下は、脂肪が溜まりやすい体を作ってしまいます。そうならないためにも、シナモンをダイエットサポートのスパイスとして使ってみてはいかがでしょうか。シナモンの甘い香りにはリラックス効果があるので、ダイエット時のイライラを予防することもできますよ。

最近はスティック状で携帯できるシナモンパウダーもお店で手軽に買うことができます。シナモンパウダーをコーヒーや紅茶に加えたり、スイーツに振りかけたりして、積極的に取り入れてみては?


writer:岩田かほり