今年のクラブ世界一決定戦は、見るに堪えない大凡戦で幕を開けた。

 3年ぶりの日本開催となったFIFAクラブワールドカップ(以下、クラブW杯)開幕戦。結果から言えば、今季J1王者にして、開催国代表のサンフレッチェ広島が、オセアニア代表のオークランドシティ(ニュージーランド)を2−0で下し、順当に勝ち上がった。広島の森保一監督が言うように、「(先制後に)落ち着いて試合を進め、相手に得点を与えずに追加点を取る、シーズン中と同じ試合展開で勝ち切ることができた」試合ではあった。

 しかし、試合内容はというと、散々なものだった。広島は前半9分という早い時間に先制したこともあり、自陣でブロックを作って待ち受ける守備に徹したが、それに対してオークランドは無為に横パスを回し続けるのみ。オークランドがボールを保持していても何も起きないのだから、リードしている広島にとっては無理にボールを奪いにいく必要もなかった。

 かくして試合は、オークランドが何の進展もない攻撃をひたすら続け、広島がただそれを眺めているだけの状態で時間だけが過ぎていった。オークランドのボール支配率が67%(前半は実に71%)に達しながら、枠内シュートがわずか1本に終わっていることからも、どれほど試合が退屈なものだったかがよくわかる。

 退屈な展開なりにも、広島がもっと鋭いカウンターでも繰り出せれば、試合はもう少し締まった印象になったはずだが、DF千葉和彦が「奪ったボールをもっとつなげればよかった」と話したように、広島もまた、効果的な攻撃はごくわずか。2ゴールにしても、相手GKの拙いプレーに助けられたものだ。

 客観的に見れば、試合中、試合後を問わず、スタンドからブーイングのひとつも起きて不思議のない試合だった。

 とはいえ、現状を考えると、広島を責めることは難しい。

 森保監督が、「チャンピオンシップでは、メンタル的にも、フィジカル的にも、厳しい戦いを2試合やってきた」と語ったように、広島はわずか5日前にJリーグチャンピオンシップでガンバ大阪を下し、J1優勝を決めたばかり。決戦に向けて高まり切った心身両面を一度休ませ、もう一度この大会へ向けて高めていくほどの、時間的余裕はなかったからだ。

「(優勝後の)イベントやパーティーなどもあってコンディション的に回復できず、あまりいい状態ではない」

 指揮官がそう認めざるをえない状態の広島は、チャンピオンシップ第2戦から先発6人を入れ替え、中4日のクラブW杯開幕戦に臨むことになった。その結果、どんな試合になったかは前述したとおりだが、現状を考えれば、メンバーを大きく入れ替えながらもよく勝った。そう言っていい試合だっただろう。

「大事なのは、結果。十分(な結果)だったと思う」

 納得の表情でそう語ったのは、キャプテンのMF青山敏弘である。

 青山は「試合前日(の非公開練習)に(メンバーを)ガッツリ入れ替えていたので、これで行くんだというのはわかっていた」。それでも「全然不安はなかった」と言い、こう続ける。

「メンバーが代わっても、僕はその選手たちを信頼している。代わって出た選手もいつもどおりプレーしていたし、だから結果が出せたと思う」

 オークランドがボールを保持する展開になったことについても、「相手がどんどん放り込んでくれば、ボールの出どころにプレッシャーをかけなければいけなかったが、あまり入れてこないので(ボールを)持たせていた」

 攻撃に関して、「急ぎ過ぎて、ボールを失うのが早かった。もう少し質を上げなければいけないのは確か」と課題を認めつつも、「大会の雰囲気、外国人のリーチの長さ、レフェリーの(ジャッジの)基準といったことに慣れなきゃいけないと思って進めていた」と、キャプテンは冷静に試合を振り返った。

 すべては結果のため。過密日程を強いられるこの大会で、ひとつでも多く勝ち上がるためだ。

 開幕戦から中2日で臨む準々決勝で対戦するのは、アフリカ代表のマゼンベ(コンゴ民主共和国)。青山は「今日みたいに簡単な試合じゃないのはわかっている。ただ、やれる手応えはある。結果だけを求めてやりたい」と腕を撫(ぶ)す。

 広島は前回出場した2012年大会では、準々決勝で同じアフリカ代表のアルアハリ(エジプト)に1−2で敗れている。攻勢に試合を進めながら、チャンスを生かせずに落としたもったいない試合だった。

 そんな経験が、自然と青山の語気を強めさせる。

「だから内容は関係ないってこと。最後は結果。何でもいいので勝ちたい」

 チャンピオンシップから続く厳しい日程の中でも、チーム全員でバトンをつなぎ、クラブW杯準々決勝へ駒を進めた広島。準々決勝では、開幕戦で休むことのできた主力組も戻ってくるはずだ。勝つための準備は周到に進められている。

 退屈極まりない大凡戦は、しかし、世界に挑むJ1王者とって価値ある一戦となったことは間違いない。

浅田真樹●文 text by Asada Masaki