五郎丸歩

写真拡大 (全4枚)

ラグビーの五郎丸歩選手(ヤマハ発動機ジュビロ所属)が、アサヒビール株式会社とパートナーシップ契約を締結。都内で7日、マスコミを集めた会場で発表された。

シーズンの合間をぬって駆けつけた、五郎丸選手。休日返上での動きについて「ラグビーは、皆さんのおかげでスポットライトが当たっている。注目されている今だからこそ、メッセージを伝えていきたい」と話し、アサヒビールと一緒に取り組む、子供のラグビー教室や講演会を予告した。

この取り組みは、「All for One! プロジェクト」と銘打たれ、トップ選手に憧れを抱く青少年を応援していくという。

その他に、同社が来年に発売する大型商品の広告出演が決定しているとの告知もあった。

企業とのパートナーシップを結ぶのは「初めてです」と五郎丸選手。新たな関係先が加わって「スポーツ選手というのは、サポートをしていただくことによって、感動を与えられる結果が残せると思います。こうやって、サポートが決まったことは、スポーツ界にもって、いいことだと思います」喜びを語っていた。

そして、来年2月からオーストラリアでの海外挑戦が話題になると「初めての海外挑戦なので、いろんな不安がある。それでも、これまでつけた自身をゼロにして、一から頑張りたい」と決意を口していた。

▼ 五郎丸歩、小路明善社長



▼ 五郎丸歩



■プロフィール
五郎丸歩(ごろうまる あゆむ)

・生年月日:1986年3月1日
・出身地:福岡県福岡市
・身長/体重:185cm/97kg
・ポジション:FB(フルバック)
・所属:ヤマハ発動機ジュビロ

高校時代は3年連続で全国大会に出場。早稲田大学では1年次よりFBのレギュラーとして活躍し、4年間で3度の大学日本一に貢献。2008年より、ヤマハ発動機ジュビロに所属しトップリーグで4年連続ベストフィフティーンに選出される。

2005年の代表デビュー以来、テストマッチ個人得点記録の史上最多を更新中。今年の世界大会で、日本代表副将として、過去2度の優勝を誇る南アフリカ代表を降し、大会史上最も衝撃的な結果を残した。この大会で2度のMVPを獲得し、日本人で初めて世界のベストフィフティーンに選ばれる。