10日放送のラジオ番組「清水ミチコとナイツのラジオビバリー昼ズ」(ニッポン放送)で、ナイツが「M-1グランプリ2015」(テレビ朝日系)で痛恨のミスをしたと明かした。

番組では、さっそくM-1グランプリの話題となった。清水ミチコから「惜しかった。敗者復活戦3位」と言われ、ナイツの塙宣之は「(M-1に)出てなかったんだけどね」と苦しいボケで返す。

塙によると、敗者復活戦では“歌うネタ”を披露したそう。吉幾三の楽曲「俺ら東京さ行ぐだ」をパロディとして使い、最後に「オラこんなネタ嫌だ」と言ってネタが終わるのだという。

敗者復活戦は、視聴者が配信された動画を見て投票するシステムだった。しかし、ナイツが吉幾三の曲を歌ったところは配信の許可が下りず、全てカットとなってしまったというのだ。

清水はこれを聞き、「もっと広めた方がいいですよね? 気をつけたほうがいいぞって教えたほうがいいよね?」と熱くなる。

しかし塙は「ちゃんと紙に、思いっきり書いてあったんですよ」と、事前に周知されていたことを明かした。ナイツはそれを見落としていたということだ。これには清水も「何やってんの!?」「救いようがないですね」と呆れた様子だった。

【関連記事】
ナイツの塙宣之が福山雅治に「間接的に」助けられた過去を明かす
太田光がトレンディエンジェル・斎藤司の漫才の技術を絶賛「ずっと噛まない」
伊集院光 「M-1グランプリ2015」で最も興奮した場面を熱弁