画像

写真拡大 (全2枚)

 インスタグラムにおける広告クリエイティブの品質向上を目的に、タグピクとクリエイターズマッチ社は、ブランディング・バナー制作において業務提携を行った。

 タグピクはクリエイターズマッチと連携し、ブランド企業に向けたInstagram(以下、インスタグラム)上のバナークリエイティブ制作に特化したブランディング・ソリューションの提供、及びクリエイティブに特化したユーザーテスト「ADTest」を用いた事前テストのソリューションの提供を開始した。
インスタグラムは、米Facebook社がサービス提供する、月間アクティブユーザー数4億人を抱える写真・動画共有SNS。ブランド価値の高いSNSメディアとして注目を集めており、2015年10月より、インスタグラム内の広告出稿が本格的にスタートした。Google、Facebook、Twitter、YouTubeに並ぶ広告プラットフォームとして、大きな市場成長が期待されている。

 タグピクは、読者モデル/フリーの著名インスタグラマーを中心に約490名のインスタグラマーをネットワーク化し、のべフォロワー数790万人を超える(2015年11月末時点)。企業がインスタグラム内でプロモーションを行う上で、幅広い消費者へのリーチが可能だ。一方、クリエイターズマッチは2007年8月の創業時より、バナーやランディングページといった「インターネット広告」専門の制作事業を展開。月間2,000本を超えるクリエイティブを制作している。

 2015年10月より、日本におけるインスタグラム広告配信が本格的に一般企業向けに開放されたが、インスタグラム上の広告クリエイティブは、Facebook向けに作成されたバナーで代用されているようなケースも多く、インスタグラムの世界観に合わないようなバナークリエイティブが多数氾濫している状況が起きている。このような課題を解決するために、両社は今回の提携に至った。企業が配信するインスタグラムの広告クリエイティブの品質が向上することで、インスタグラムがより魅力的なサービスになることを目指す。

MarkeZine編集部[著]