「NePLAYER Lite」アイコン

写真拡大 (全4枚)

 ラディウスは11日、ハイレゾ音源再生に対応した音楽プレイヤーアプリケーション「NePLAYER」iPhone版について、普及版となる「NePLAYER Lite」を発表した。12月下旬より公開を開始する。

 「NePLAYER」は、ハイレゾ音源(CD以上の情報量を持つ音源データ)の再生に対応したアプリ。App store ミュージックカテゴリーでは初登場時に1位を記録したという。Android版も公開されており、販売価格はいずれも1800円。

 普及版となる「NePLAYER Lite」は、通常の音質であれば、サラウンドやイコライザー機能などを含め、無料で再生機能を利用できる。アプリ内課金により、ハイレゾ音源の音質に応じて、必要な機能だけを別途購入できる。なお「NePLAYER Lite」に対応したラディウスのDAC/アンプのユーザーであれば、ハイレゾ再生機能を無料で利用できる。

 アプリ内課金は以下の4種類。対応OSはiOS 7.0以降。
・メニュー1:24bit/48kHzまでのハイレゾ再生 360円
・メニュー2:24bit/192kHzまでのハイレゾ再生 480円
・メニュー3:32bit/384kHzまでのハイレゾ再生 600円
・メニュー4:1bit/11.2MHzまでのDSD音源の再生 480円

■関連リンク
NePLAYER lite | radius