写真提供:マイナビニュース

写真拡大

奇譚クラブは11日より、設立10周年を記念した「奇譚クラブ10周年展」を開催する。開催期間は12月11日〜12月27日(日)まで、開催時間は10:00〜21:00(最終日は18:00閉場、入場は閉場の30分前まで)。会場は渋谷パルコPART1・3F「PARCO MUSEUM」。入場料は一般500円、学生400円(小学生以下無料)。

同展は、「愛のあるモノづくり」という信念のもと、「コップのフチ子」や「ネイチャーテクニカラー」といった個性的な商品を展開しているガチャガチャメーカー・奇譚クラブ(きたんくらぶ)初の展覧会。今回は会場だけの限定商品として、イベントのメインビジュアルと同じく月桂樹の冠をかぶり、ゴールドのワンピース姿に身を包んだ「奇譚クラブ10周年のフチ子」を発売する。フチ子が持っているミニカプセルの中には「ミニフチ子」が入っているなど、細部までこだわった仕様になっている。価格はガチャガチャ1回500円で全3種類。

また、ネイチャーテクニカラーより限定商品として、ゴールド仕様の復刻版「海洋飢金版」と「サバンナ黄金版」を先行発売する(※同展覧会以外のイベント限定商品としても発売予定)。どちらとも価格はガチャガチャ1回400円で全8種類(うちシークレット1種)。

そのほか、これまで発売した約2,500アイテムを超える商品を網羅した公式カタログブック「奇譚クラブ本〜コップのフチ子と愉快な仲間たち〜」も先行発売する。なお、書籍特典として「奇譚クラブ10周年のフチ子」のレッドバージョンが封入されるそうだ。価格はフィギュア付版2,000円(税別)、通常版1,700円(税別)。

(亀井隆昭)