J.J.エイブラムス監督

写真拡大

いよいよ公開となる『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のJ.J.エイブラムス監督と、砂漠の惑星ジャクーで家族を待ち続ける孤独なヒロインのレイ役を演じたデイジー・リドリー、戦うことに葛藤するストームトルーパーの脱走兵フィン役のジョン・ボイエガ、赤い十字のライトセーバーを操り、ダース・ベイダーを受継ぐカイロ・レン役に扮したアダム・ドライバーが12月10日に成田空港に到着。ファンから熱烈な歓迎を受けた。

『スター・ウォーズ』新作の初日チケット、早くも売り切れ劇場続出!

到着口には、キャラクターのコスチュームを着たファンなど約300人が詰めかけた。中には、前日から夜通し待機していたという熱烈ファンも。そうした中、新3部作のキャストらが姿を見せると、大きな歓声が巻き起こった。

大の日本文化好きを公言しており、「機会があれば日本に引っ越したい」とまでコメントしていた監督のJ.J.は「今回は、息子も来ているので、一緒に寿司を食べに行くのを楽しみにしているんだ」と語り、日本のファンに向けて「『スター・ウォーズ』の公開を楽しみに待っててください」とコメント。

今年4月以来2度目の来日となるリドリーは「また日本に来られて夢のよう。日本食を楽しみにしています」と話し、ボイエガは「日本のマンガが大好きで、日本に来ることをすごく楽しみにしていたんだ。日本の街も散策したい!」、ドライバーは「『スター・ウォーズ』のプロモーションツアーで一番楽しみにしていたのが日本なんだ。自分が演じた役のルーツになる国だからね」と語った。

『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』は12月18日の18時30分に全国一斉公開となる。

約30年ぶりにハン・ソロ復活! ハリソン・フォードが理由明かす
『スター・ウォーズ』新作公開に合わせ、今冬、旧6作品が地上波に登場!
ストームトルーパーが『スター・ウォーズ』グッズをお届け!
[動画]映画『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』予告編