女性のためのハーブと呼ばれる「チェストツリー」。薬用植物としてBC400年頃からヨーロッパでは使われている伝統的なハーブです。このチェストツリーが最近増えている女性特有の症状「PMS」などを緩和すると注目されています。ブルーになる気持ちやコントロールしがたい体の悩みをチェストツリーで少しでも解消できるとよいですね。

コショウの代用として使える

チェストツリーは別名をイタリアニンジンボク、セイヨウニンジンボクといいます。クマズツズラ科ハマゴウ属の落葉樹で、地中海沿岸や中央アジアに自生します。夏に淡いブルーやピンクの花をつけ、果実はチェストベリーと呼ばれています。果実の見た目はコショウに似ているので、欧米ではコショウの代用として使用されることもあるようです。

チェストツリーがおすすめの理由

チェストツリーには脂肪酸、イリドイド配糖体、フラボノイド、アルカノイドなどが含まれており、エッセンシャルオイルとしても利用されています。これらの成分は女性ホルモンのバランスをとるのに役立ちます。女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンの2つがありますが、2つのホルモン機能が正常であればこそ生理や妊娠・出産が順調になるのです。
ドイツではチェストツリーが高い効能を医薬品として認め、PMSや、生理不順、更年期障害、子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫などの治療に用いています。

チェストツリーはどうやって飲むの?

日本ではチェストツリーのハーブティーが注目されています。サプリメントに比べると効き目が穏やかで安心して好きなタイミングで摂取できます。もしPMSの症状を緩和させたいのであれば、サプリメントで1日20〜40咾離船Д好肇張蝓爾鮴歇茲垢襪海箸推奨されています。ただし、すでに妊娠中や授乳中の女性、婦人科疾患がある人、子どもはチェリーツリーの使用は避けましょう。また経口避妊薬(ピル)と一緒に飲むのも控えましょう。


writer:松尾真佐代