スイーツに変身!万能すぎる餃子の皮レシピ!

写真拡大

一見餃子以外に使い道のなさそうな餃子の皮。しかし最近では、餃子の皮鍋など餃子以外の利用方法も話題になっています。さらに餃子の皮は料理だけでなく、なんとスイーツにも使えるのです。そんな意外な利用法である餃子の皮スイーツレシピをご紹介します。

●餃子の皮でプチアップルパイ

アップルパイと言えば、サクサクの生地に甘酸っぱいリンゴの味が広がり、おやつだけでなく、主食にもできるスグレモノ。そんなアップルパイを餃子の皮でオーブンを使わずに手軽に作れちゃうレシピです。材料は10〜12個分で、りんご(1個)、バター(10g)、砂糖(大さじ1)、シナモン(少々)、餃子の皮(10〜12枚)です。まずりんごの皮を剥き、火を通したときに食感が残る程度に細かく切ります。フライパンを温めてバターを入れ、溶けたらりんごと砂糖を加えて炒めてください。リンゴがしんなりしてきたら、シナモンで香り付け。火を止めてりんごの粗熱がとれたら、餃子の皮で包んでいきます。包み方は、餃子の皮の中央にリンゴを置き、フチに水を塗り、4辺の中央を中心にくっつけ上から見たら×の字になるように包みます。最後に風車の羽のように皮を平らに潰していきます。フライパンに少し多めに油をひき、両面にこんがり色がついたら完成です。

●餃子の皮でエッグタルト

タルトは生地作りが意外と大変なので、食べたくなっても自分で作るにはなかなかハードルが高いもの。でも餃子の皮を使えば、簡単にエッグタルトが作れちゃいます。材料は約12個分で、餃子の皮(12枚)、卵(1個)、砂糖(40g)、生クリーム(200cc)。卵、砂糖、生クリームを泡立て器で混ぜ合わせ、タルト型に餃子の皮を詰めていきます。餃子の皮が重なってしまった部分は、普通の餃子を包むときの要領で軽くおりたたんでください。餃子の皮のなかに混ぜ合わせた中身を8分目くらいまで流し入れ、180度に温めたオーブンで約25分焼きます。こんがり焼き色がついたら完成です。

●餃子の皮のチョコバナナクレープ

餃子の皮は焼くとパリパリですが、茹でるとモチモチの食感になります。そんなモチモチの皮を使ったチョコバナナクレープのレシピがこちらです。材料は1人前(3個)で以下の通り。バナナ(1/2本)、餃子の皮(3枚)、チョコ(適量)。作り方は、バナナを粗く潰しておき、熱湯で餃子の皮を20〜30秒茹でてください。茹でた餃子の皮をまな板の上に広げ、バナナを少なめに端にのせ、半分に折ります。バナナを皮の端から1/3くらいを占めるように置いて、残りの2/3をバナナの方へ折ります。そのままかさならず余った分の皮を裏側へ折ります。最後に湯煎をして溶かしておいたチョコをかければできあがり!

家で餃子を作ると皮だけが余ってしまうこともあるので、そんなときは今回のようなスイーツに変身させてみるのもよさそうですね。

(文・姉崎マリオ/考務店)