お鍋で簡単炊き込みごはん!

冷え性でお悩みの女性にピッタリな一品。

桜えびとしょうがの炊き込みご飯

しょうがを加熱することで生成されるショウガオールは、カラダを深部から温めることができます。一方のジンゲロールは、非加熱の状態で摂れる成分で、手・足など末端を温めます。冷えが気になるこの季節、しょうがのダブル使いで冷えを予防しましょう!

材料(2人分)

桜えび

15g

しょうが

20g



180



200cc



大さじ1



少々

青ねぎ

1本

下準備

STEP1.

しょうがは皮をむき、せん切り。

STEP2.

米は洗米し吸水させ(30分〜)、水気を切っておく。

STEP3.

青ねぎは小口切り。

手順

STEP1.

鍋に桜えびを入れ、香りが出るまで炒め、取り出す(中火)。

STEP2.

鍋に米・水を入れ、酒・塩を加え混ぜる。STAEP1の桜えびと、しょうがの1/3をちらし、フタをして炊く(沸騰後弱火10分位)。

STEP3.

火を止め、蒸らす(10分~)。

STEP4.

器に盛り付け、残りのしょうが・青ねぎをちらす。

POINT!

桜えびは乾煎りすることで、香りが引き立ちおいしく仕上げることができます!

しょうがの保存方法☆

長期間保存する場合は瓶やタッパーに水を張り、そこに使いかけのしょうがを入れ、フタをして数日おきに水を変え、保存しましょう!