現代語訳 論語と算盤
 今回紹介する『現代語訳 論語と算盤』は、「日本資本主義の父」「実業界の父」とも評される渋沢栄一氏の代表作に数えられる一冊。刊行は1916年(大正5年)という、古典的名著を再編集した新書である。中国古典に精通した作家の守屋淳氏による、明瞭な現代語訳も非常に心憎い。

 渋沢栄一(1840〈天保11〉年〜1931〈昭和6〉年)といえば、日本の近代化に尽力した実業界の巨人である。みずほ銀行、東京海上火災、王子製紙、東洋紡、東京ガス、東京電力、帝国ホテル、日本郵船、JR、サッポロビールなど、およそ470にものぼる企業の設立に携わったというから驚きだ。また、東京証券取引所、東京商工会議所の立ち上げにも参画している。

 それだけでなく、社会事業にも非常に精力的で、大小合わせると約600団体に関与した篤志家でもあった。主だったところでは、日本赤十字社、聖路加国際病院、東京慈恵会、一橋大学、早稲田大学、二松学舎大学、日本女子大学といった機関の設立や初期の運営に関っている。さらには、関東大震災の復興のため、大震災善後会の副会長として寄付金集めに手を尽くしたり、中国で水害が起こった際には中華民国水災同情会の会長になって義援金を募ったりと、生涯を通じて寄付活動を実践。ついに1926年、1927年には、ノーベル平和賞の候補にもノミネートされるなど、とてつもない大人物だった。

 さて、本書は、渋沢の理念の根幹である「道徳経済合一説」を広く世に知らしめた一冊として伝えられている。

――――――――――――――

 本当の経済活動は、社会のためになる道徳に基づかないと、決して長く続くものではなと考えている。
 このようにいうと、とかく「利益を少なくして、欲望を去る」とか、「世の常に逆らう」といった考えに悪くすると走りがちだが、そうではないのだ。強い思いやりを持って、世の中の利益を考えることは、もちろんよいことだ。しかし同時に、自分の利益が欲しいという気持ちで働くのも、世間一般の当たり前の姿である。そのなかで、社会のためになる道徳を持たないと、世の中の仕事というのは、少しずつ衰えてしまう、ということなのだ。

――――――――――――――

 これが、道徳経済合一説の基本的な考え方といえる。

 渋沢は、中国の古典『論語』に代表される儒教の精神性を自身の規範としてきた。経済活動、政治活動においても論語から学ぶべきところが多い、としてさまざまな言説を展開している。

――――――――――――――

 わたしは普段の経験から、
「論語とソロバンは一致すべきものである」
 という自説を唱えている。孔子は、道徳の必要性を切実に教え示されているが、その一方で経済についてもかなりの注意を向けていると思う。これは『論語』にも散見されるが、とくに『大学』という古典のなかで「財産を作るための正しい道」が述べられている。
 もちろん今の社会で政治をとり行おうとするなら、その実務のために必要経費が必ずかかってくる。また、一般の人々の衣食住に関わる財務諸表が必要になってくるのはいうまでもないだろう。一方で、国を治めて人々に安心して暮らしてもらうためには、道徳が必要になってくるので、結局、経済と道徳は調和しなければならないのだ。
 だからこそ、わたしは一人の実業家として、経済と道徳を一致させるべく、常に「論語とソロバンの調和が大事なのだよ」とわかりやすく説明して、一般の人々が安易に注意を怠ることがないように導いている。

――――――――――――――

 このあたりの言説は、たとえばアダム・スミスの『国富論』や『道徳感情論』とも通底する部分が少なくない。人間は他者に対して「共感」してもらうことを求めるもの。商売においても然りで、「儲けたい」という利己的な動機から行動するにせよ、周囲から「まあ、そのくらいまではアリだろうな」と共感してもらえる線を意識して行動するものだ。「そこまでやるのは、人の道に反する」「最低最悪だ」と周囲から共感してもらえない商売は、やがて破綻し、淘汰されていく――僕の管見で要約すると、これがアダム・スミスの唱える感情道徳論の概略である。キリスト教的な世界観に基づいたアダム・スミスの言説と、儒教的な世界観に基づいた渋沢の言説に相通じるものがあるというのは、なかなか興味深いところだろう。