LEDライトと監視カメラを搭載している自律型小型飛行監視ロボット「セコムドローン」。犯人の追跡や接近しての撮影が可能だ(画像はプレスリリースより)

写真拡大 (全2枚)

 セコムは11日、自律型飛行監視ロボットを活用したサービス「セコムドローン」の提供を発表した。改正航空法の施行に伴う承認取得が10日に完了したことによるサービスインとなる。

 同サービスは、監視カメラとLEDライトを搭載したドローンを使い、事件や事故、トラブルの発生時に現場に近付き、状況を把握したり、犯人の特徴、逃げ去る車両のナンバーなどを撮影といったことが可能。撮影された画像は、セコムのコントロールセンターに送られ、必要に応じて、現場への駆け付けを行ったり、警察や消防への通報を行う。

 学校や研究施設、工場、倉庫、商業施設など、広い敷地内での機動力と柔軟性のある映像監視が可能なサービスとなっている。導入に際しては、自動操作や遠隔操作、映像受信を行うための制御器の設置、ドローンが離発着するためのドローンポート、位置検出を行うためのレーザーセンサーなどの設置工事が必要となる。

 サービスは月額5,000円(税別)からとなっており、工事料(各種制御器やドローンポートの設置など)は800,000円(税別)からとなる。

■関連リンク
防犯システムNAVIデータベース
防犯システムNAVI