2015年最も使ったニュースアプリランキング

写真拡大

2015年総まとめランキングシリーズ、本日は「今年みんなが最も使ったニュースアプリ」をお届けします。

先日AppleがBest of 2015 (今年のベストアプリ)を発表して話題になりましたが、みんなが実際に毎日使っているのはどのアプリなのか気になりませんか?ということで、今回は毎日習慣的に使っている人が多いと思われる「ニュースアプリ」について調べてみました。果たして、一番人気はどのアプリ?

■2015年最も使ったニュースアプリランキング
1位:Yahoo!ニュース
2位:Yahoo!Japan
3位:Twitter
3位:Naverまとめリーダー
5位:LINE NEWS
⇒6位以降のランキング結果はこちら!

1位には、ニュースの定番《Yahoo!ニュース》が選ばれました。《Yahoo!ニュース》は、政治情勢などの速報ニュースはもちろんのこと、グルメやエンタメも取り扱うニュースアプリです。自分の興味のあるテーマをフォローすることで、欲しい情報によりスムーズにアクセスしやすくなるところが魅力。都道府県ニュースも網羅されているため、地元の重大なニュースも見落とさずに済みますよ。

2位には、今年テレビCMでもよく見かけた《Yahoo!Japan》がランク・イン。《Yahoo!Japan》アプリは上記の《Yahoo!ニュース》と比べて、よりライトに情報収集をしたいときにお勧めのアプリです。軽くニュースを見たあとは天気予報や路線情報を確認、欲しいものがあれば、そのままショッピングやヤフオクへ…というように、ビュッフェ感覚でいろいろな情報をつまみぐいできるところがポイント。

Yahoo!の各サービスをヘビーユースする方にはぴったりのアプリと言えますね。それにしても、トップ2を独占するとはYahoo!強し。

同率3位は《Twitter》と《Naverまとめリーダー》でした。《Twitter》はSNSアプリですが、ニュース欄が搭載されたことによって、ニュースアプリとしても頭角を現してきています。

同じく5位にも、コミュニケーションアプリ『LINE』の姉妹アプリである《LINE NEWS》がランク・イン。最新のトレンド情報をサクッと読める手頃さがあり、若い世代を中心に人気を集めています。

ニュースアプリにはそれぞれ、得意とするニュースのジャンルや、情報の配信スピードに違いがあります。いろいろなアプリを利用して、お気に入りのものを見つけるのも面白そうですね。あなたの好きなアプリは何位にランク・インしていましたか?

調査方法:gooランキング編集部が「アイリサーチ」モニターに対してアンケートを行い、その結果を集計したものです。
有効回答者数:500名(20~30代男女各250名)
調査期間:2015年11月18日〜2015年11月19日