エバートンのU-21イングランド代表左サイドバックが2020年まで契約延長

写真拡大

▽エバートンは10日、U-21イングランド代表DFブレンダン・ギャロウェイ(19)と2020年6月まで契約を延長したことを発表した。

▽左サイドバックを主戦場とするギャロウェイは、2014年夏に5年契約でMKドンズからエバートンに加入。2015年5月にトップチームデビューを果たしていた。

▽そして今季はイングランド代表DFレイトン・ベインズやコスタリカ代表DFブライアン・オビエドの負傷離脱を受けて、プレミアリーグで13試合に先発し、レギュラーとしてプレーしている。

▽新契約にサインしたギャロウェイは公式サイトで次のように話している。

「今後もエバートンに所属できることを本当に嬉しく思っている。エバートンは若く才能を持った選手が多く、成長が期待できる。僕がその一部であることは素晴らしいね。家族が契約にサインする際、立ち会ってくれたんだけど、それも嬉しかった。家族はずっと僕の傍にいてくれたからね」