森美穂、9位失速、オフでは課題克服!(撮影:ALBA)

写真拡大

<LPGA新人戦 加賀電子カップ 最終日◇10日◇グレートアイランド倶楽部(6,480ヤード・パー72)>
 今年プロテストに合格した新人プロのみが出場する『LPGA新人戦 加賀電子カップ』最終日。初日で首位に立った森美穂だったが、最終日では2バーディ・4ボギー・2ダブルボギーと失速、9位タイで新人戦を終えた。
森美穂の特選PHOTOを振り返る!
 初日は結果的に首位につけたものの「ショットが良くなかった」と苦しいラウンドだった森。この日も「感触がよくなかった」と、不調を引きずった。2番でボギーが先行すると6番ボギー、8番でダブルボギーと低空飛行でハーフターン。
 バックナインでも11番、12番を連続ボギーとするなどスコアを落とした。さらに最終18番ホールでは池ポチャ。左にきられたピンに向けてデッドに狙うも、ボールは目標よりも左に飛び、そのまま池へ。ダブルボギーフィニッシュで苦しい最終日となった。新人戦は苦いものとなったが「楽しくできてよかった」と前向きにとらえた。
 今年はプロテスト合格とQT上位を目標にかかげ「ある程度達成はできた」とするも、「もう1つの目標であるステップツアー優勝もできなかったし完璧はできなかった」と100パーセント納得した一年とは言えなかった。
 「来シーズンに向けてやることはたくさんある」。ショット、ショートゲーム、フィジカル面とまだ課題は多い。オフシーズンで自分を磨き来季に備える。
<ゴルフ情報ALBA.Net>