12月はクリスマスや忘年会といった楽しいイベントが盛りだくさん。いつも以上に飲み会のお誘いを受けることも多いのでは? 飲み会には行きたいけれど、明日の仕事を考えると悪酔いはしたくないとか、後で彼氏に会わなきゃいけないのなんて時に、当日でもできる悪酔い・二日酔いを防ぐ方法をご紹介します。

その1:ランチタイムにはキャベツを食べておく

夕方から飲み会の予定が入ったなら、ランチタイムの食事から気を付けましょう。お酒とおつまみのカロリーを考えれば、ランチはカロリー控えめにしたいのはもちろんですが、悪酔い・二日酔いの防止にはキャベツをおススメします。キャベツに含まれる栄養素はビタミンU。別名、キャベジンとも呼ばれるビタミンで、胃の粘膜を保護して胃酸の分泌を抑える効果があります。キャベツの千切りでも、キャベツが入ったサラダでもOK。アルコールで胃が荒れるのを防ぎ、二日酔いを予防してくれます。

その2:空っぽの胃で飲み会に臨むのはNG!

胃が空っぽの状態で飲んだアルコールは急激に胃腸から吸収され、一気に回って悪酔いの状態に。「最初の一杯」だけで止められず、暴走モードに突入してしまうなんてことにもなりかねません。仕事帰りに飲み会に行くのなら、あらかじめちょっとした食べ物を用意しておいて、終業間近になったら食べるようにしましょう。お菓子でもいいのですが、血糖値を急激に上げるのを防ぐ効果があるタンパク質を含んだチーズやナッツなどがおススメです。

その3:ビールは悪酔いしやすい! 2杯目から違うものをチョイス

悪酔いしたくないなら、飲み過ぎないようにするのは当然ですが、どの種類のアルコールを飲むかも大切な問題です。一般的に、醸造酒よりも蒸留酒の方が悪酔いしにくいと言われています。醸造酒の代表はビールです。「最初の一杯」はビールでということも多いですが、できればビールは一杯だけにとどめておきましょう。蒸留酒は沸騰させることで不純物を取り除いているので、悪酔いしにくいと言われています。蒸留酒の代表は焼酎やウィスキー、ジンなど。アルコール度数は高いので、適度に薄めて飲むようにしましょう。

悪酔いや二日酔いを防ぐには、「今日は絶対酔わない」という強い意志も必要です。明日の仕事の予定を考える、彼氏や家族の顔を思い浮かべるなど、飲んでいる間でも酔いたくない理由を忘れないようにすることも、飲み過ぎを防ぐには効果的です。


writer:岩田かほり