パーティーの準備がストレスなのだとか……(shutterstock.com)

写真拡大

 ♪パ〜リ〜ピ〜ポ〜・パ〜リ〜ピ〜ポ〜・あいつはお鍋大好き・鍋パ〜リ〜ピ〜ポ〜。

 誰もが画面に釘付けにされるアノ、新生銀行レイクの激笑CM『みんな何かのパーリーピーポー』篇で、顔と名前と演技力を一挙に全国レベルまで浸透させた武藤十夢さん(AKB48)。思わず検索して語源の「Party People」と、キュートな台詞の意味を知った方も多いはず。若さの特権をこれでもかとばかりに表現しきった秀逸なCMだと思うが、続いて「年に一度はみな誕生パ〜リ〜ピ〜ポ〜」というセリフが老若男女に受けた演出の巧さだろう。

 Party Peopleの本家といえば、やはり海の向こう側、とりわけアメリカ人こそがParty大好き人種の代表格に違いない。高度成長期の居間のブラウン管から煌びやかに流れてきた米国家族のホームパーティー光景は、当時の日本人の見果てぬ憧れ。暖炉で燻す七面鳥、カウチでつまみ食いするポテト、良妻賢母のママさんが次々に運んでくる料理の数々......。

愉しませたい気持ちが裏目の死因に

 ところが、最近の米国では、こんな休日の宴や週末の集いに孤軍奮闘するあまりにストレスが蓄積され、ひいてはそれが女性の心臓障害リスクに通じる可能性もある、との報告が注目されている。

 これが事実ならば「少しでも家族を愉しませたい!」「参加者の笑顔が最高の贈り物」という思いから自慢の腕をふるい、飾り付けを熟考し、出欠をメールで確認し、何日も前から迎える準備に勤しむ女性には何とも不本意な仕打ちではないか。

 この"休日の時間を楽しく演出するというストレス"が思わぬ病状を誘発していると警告を発しているのは、米国ヒューストン・メソジスト病院心血管センターのKarla Kurrelmeyer氏だ。

 「パーティーを控えてのこうした一連の作業がプレッシャーを生み、ストレスに繋がって結果、心臓を傷つけている」と、近年の患者を診てきた経験則から明かす。そして、「休暇の時期になると、ストレス誘発性心筋症の症例を診察することが増えています。この疾患の特徴は、短期間に多大なストレスを受けることで生じる点。無視すれば致命傷となりうる可能性もある」と注意を促す。

日本人女性は「ママ友ストレス」に要注意か!?

 国際的な共同研究の分析結果で、ストレス誘発性心筋症(broken heart syndrome)の被験者は大半(81%)が閉経後の女性だとか。Kurrelmeyer氏の「子育てを終えた50代後半から70代半ばの女性が最も多い」という証言とも一致する。

 50歳以下の女性(8%)よりも、男性(11%)が多いのは、"クッキング・パパ症候群"が地球レベルで増殖中!? それは冗談としても、同調査では治療時の患者の87%に心電図(ECG)の異常が認められたそうだ。

 ストレス誘発性心筋症は、ストレス・ホルモンによって左心室の機能が弱まった時に起こる心筋症の一種。発症すれば心臓の尖端部が動かなくなり、心臓のかたちが蛸壺状に見えることから、別名「たこつぼ(型)心筋症」とも呼ばれているが、最初に報告された例(1990年)は日本だった。

 近年はパーリーピーポー級まで成熟してきた日本の社交事情だが、実態はパーティー準備よりも連日の「ママ友ストレス」を抱えて悩む女性陣が少なくないのではなかろうか?

 「休日には多くの女性に急激な血圧上昇がみられ、胸痛・動悸・脳卒中のリスクが上昇します。高血圧の既往がある女性にストレスがある場合は、厳密なモニタリングが必要です。感情的・肉体的なストレスを受けた後、胸痛や息切れで発症する可能性がありますから」と、米国事情を語るKurrelmeyer氏。

 大半は降圧作用のあるβ遮断薬やACE阻害薬などの薬剤で治療できるので「症状があれば心エコー(心臓超音波検査)を行なうことが重要」。そして休暇中は「自分の時間を作り、ストレスを解消するようにすべき」と助言している。
(文=編集部)