室井佑月氏

写真拡大

10日放送の「ひるおび!」(TBS系)で、室井佑月氏が食品に対する軽減税率導入で、対象範囲を広げた公明党や、安倍政権の政策を強く非難する一幕があった。

番組では、消費税が10%に増税される2017年4月に、対象範囲分の食品の税率が軽減される「軽減税率」の話題を取り上げた。

番組内で、自民党は当初生鮮食品を中心にして2段階で加工食品にまで拡大することを目指していたという。だが、同じ与党の公明党は、初めから加工食品にまで拡大すべきと主張していた。

そして9日、安倍晋三首相は、財務省幹部と自民党幹部に「2017年4月当初から加工食品も対象にするよう伝えた」という。

こうした状況について、政治アナリストの伊藤惇夫氏は「公明党は年末の総選挙を軽減税率1本で戦っていて絶対に譲れない線があり、安保法制などで公明党に苦労をかけたので公明というの顔を立て、参議院選挙で協力してもらわなければならない」からだと解説した。

そして、スタジオではコメントを求められた室井氏が「だからなんなのって感じですよ」と切り出した。室井氏は「よくやってくれたとも思わない。食べ物は8%の現状維持で、ほかは10%に上がるだけでしょう?騙されている感じがしますけどね」とバッサリ。司会の恵俊彰が「サービスな感じはしない?」と訊ねても室井氏は「全然しませんね」と厳しい口調で答えた。

その後も室井氏は「軽減税率の恩恵を受けるわけじゃない気がしちゃうんですけど」と、8%は据え置いた状態で、軽減税率対象外のものが10%上がるだけだと終始、不満げに主張していた。

また、今後の選挙を意識した政策の話題におよぶと、室井氏は「この政権は自分たちのことしか考えてない」と、安倍政権に対しても不快感を露に強く非難した。

【関連記事】
室井佑月氏の「堂入りに見張りの人はいるのか」という発言に専門家が注意
室井佑月氏が安保法案審議に不満を連発するも田崎史郎氏から厳しい指摘
室井佑月氏の安保法案への暴走気味な発言にふかわりょうが痛烈なツッコミ