2015年の株主優待の注目ニュースからわかった! 新設や長期保有優遇制度、ふるさと優待など 2016年の株主優待でトクする&失敗しない方法

写真拡大

新設やふるさと株主優待の登場、長期保有優遇の増加など、株主優待は広がるばかり。最新ニュースで気になる動きを一気にチェックし、2016年の株主優待株狙いに役立てよう!

【NEWS 1】
株主優待の実施企業数&実施率ともに過去最高へ!
2015年の新設は102社で全体の3割超が株主優待実施へ

 株主優待を設ける企業は増える傾向にあり、2015年に株主優待を新設した企業は102社(15年8月末時点、発表ベース)にのぼる。実施企業の数は前年から77社増え、上場企業3663社中1227社。実施率は33.5%となり、実施企業数、実施率ともに過去最高の見込みだ(大和インベスター・リレーションズ調べ)。

 これまでは、りそなホールディングス(8308)やオープンハウス(3288)といった、消費者に近いBtoC企業が株主優待を行なう中心だったが、最近は昨年のコマツ(6301)のような、企業相手の取引が中心のBtoB企業でも導入が進むなど、株主優待を活用する流れは続いている。

 企業が少しでも安定株主を得ようとする中で、今後の株主優待新設企業にも目が離せない。

◎2015年に株主優待を新設した主な企業
番号 長期保有の上乗せ 詳細情報
1 【会社名(コード)】オープンハウス(3288)/【確定月】9月末
―斬霍愼時にキャッシュバックQUOカード 継続保有3年未満
10万円3000円分など
オープンハウス(3288)最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
2 【会社名(コード)】りそなHD(8308)/【確定月】3月末
グループの「クラブポイント」を毎月進呈。
協力企業のポイントやマイルへの交換、キャッシュバック可
りそなHD(8308)最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
3 【会社名(コード)】セコム(9735)/【確定月】3月末
100株で、専門清掃サービスや防災用品セットが1万円割引、
または不正送金防止サービスが1年無料
セコム(9735)最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
4 【会社名(コード)】マクニカ・富士エレHD(3132)/【確定月】3月末
100株 QUOカード1000円200株 .タログギフト3000円相当か
▲ラブオフサービス(1年間レジャー施設などを割引料金で利用可)のどちらかを選択
マクニカ・富士エレHD(3132)最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら

【NEWS 2】
ANAは16年夏から繁忙期での使用制限を実施!
ハウス食品の壱番屋の子会社化で株主優待はどうなる!?

 通常は運賃が上がる繁忙期でも、国内線の片道1区間が普通運賃の50%割引で利用できたことで人気だったANA HD(9202)の株主優待。2016年6月の搭乗分から、株主優待で利用できる座席数を、年末年始や旧盆、ゴールデンウィークを中心に繁忙期の一部の便で制限することを発表した。「一番の使い時に使えなくなる可能性もあり、残念な変更です」(かすみちゃん)。平日利用に影響はないが、金券ショップでの販売価格への影響に注目が集まっている。株主還元は、5月に開設した専用ホームページを通じて充実させる予定だ。

 ハウス食品グループ本社(2810)は、10月末に「カレーハウス CoCo壱番屋」を運営する壱番屋(7630)の子会社化を発表した。元々事業で協力しており子会社化はスムーズだろうが、気になるのは壱番屋の株主優待がどうなるかだ。今のところは特に決定した事実はないが、ハウス食品グループは自社のグループ商品を株主優待にしている。将来は、壱番屋のカレーがハウス食品の株主優待に含まれることになる可能性もある。

【NEWS 3】
安定株主づくり&株価安定を企業が積極化!
長期保有の優遇を導入する会社が急増中!

 株を長く保有する株主に、株主優待を上乗せして配分する「長期保有優遇型」の株主優待を導入する企業が急増している。

 大和インベスター・リレーションズの発表によると、2015年8月末時点での導入企業数は、昨年比で50社増の175社。また、新たに導入を発表した企業も55社にのぼるという。2015年に入ってからオリエンタルランド(4661)やイオン(8267)、ヤマダ電機(9831)など、名だたる大手企業が長期保有の優遇制度を導入。企業からすると、長期で株を持つ株主を優遇することで、安定株主となる個人投資家が増えることが期待できる。

 一方で、個人投資家は長く株を持つことで利回りが高くなる。今後は長期での保有を視野に入れたいところだが、その際は資産から1銘柄に固定できる金額を頭に入れつつ、投資をするか判断することが大切だ。

◎長期保有優遇制度を導入した主な企業
番号 長期保有の上乗せ 詳細情報
1 【会社名(コード)】イオン(8267)/【確定月】2月末、8月末
1000株を3年以上継続保有で年1回イオンギフトカード
(1000株の場合2000円分)
イオン(8267)最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
2 【会社名(コード)】BS11(9414)/【確定月】2月末、8月末
100株を1年以上継続保有でビックカメラ商品券(1000円券)を
1枚追加(年1回)
BS11(9414)最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
3 【会社名(コード)】ヤマダ電機(9831)/【確定月】3月末、9月末
優待券(500円)100株を1年保有で3月は+3枚 9月は+1枚など
ヤマダ電機(9831)最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
4 【会社名(コード)】オリエンタルランド(4661)/【確定月】3月末、9月末
100株を18年9月末から5年間継続保有で1デーパスポート4枚*
オリエンタルランド(4661)最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
5 【会社名(コード)】小林製薬(4967)/【確定月】3月末、9月末
300株以上を3年以上継続保有で東日本大震災 復興支援
選べるギフト(特産品)(年1回)
小林製薬(4967)最新株価チャート(SBI証券サイトへ移動します)はこちら
*15年9月末までに購入した人は、18年9月末までの3年間継続保有で1デーパスポート2枚

【NEWS 4】
名産品がもらえる株主優待は高い人気!
名産品がもらえる「ふるさと株主優待」が増加中

 自社の割引券や金券を株主優待にする企業は多いが、最近は地域の名産品を株主優待にする企業が増えている。オリックス(8591)は従来の株主優待に加えて、取引先が扱う地域の名産品を株主優待にした「ふるさと株主優待」を2015年3月分から開始。また、地域に密着した地銀なども、地元の名産品を株主優待にすることが多い。香川を中心に展開する百十四銀行(8386)は、8月に株主優待を新設。地元・香川の特産品を中心にした専用カタログから、好きな特産物を選べる株主優待だ。

 一方で、宮崎県日南市は「ふるさと納税」の返礼に、地元に養鶏場を持つ塚田農場の商品券を用意。「ふるさと」をキーワードにした企業と自治体のつながりが増えそうだ。

【NEWS 5】
ハワイや韓国など海外でも使える株主優待が登場!
カッパ・クリエイトとコロワイドが相互利用可に

 15年6月に株主優待の拡充を発表したのが「世界一の朝食」で知られる「ビルズ(bills)」を運営するサニーサイドアップ(2180)。パンケーキかスクランブルエッグのみだったのが、ソフトドリンク1杯がついた上に、なんとハワイや韓国の海外店舗でも利用できるように。「株主優待がついに世界に羽ばたいたと感動。海外展開している外食企業も、ぜひ続いて欲しいですね」(株主優待ブロガー・mtipsさん)。

 また、かっぱ寿司を運営するカッパ・クリエイト(7421)は、2015年12月の権利確定分より、株主優待を食事券から「株主優待ポイントカード」に変更する。すでにコロワイド(7616)の傘下で、コロワイドや子会社のアトム(7412)との相互利用も12月下旬から可能に。同業では、クリエイト・レストランツHD(3387)と14年に上場した、磯丸水産を運営する子会社のSFPダイニング(3198)の完全な相互利用も待ち遠しい。

 株主優待株の最新ニュースはいかがだっただろうか。ところで今発売中のダイヤモンド・ザイ16年1月号には、株主優待ブロガーさんと桐谷さん、ザイ編集部が総力をあげて厳選した「確定月別株主優待ベスト144」が載っている。配当&株主優待利回りのトップは何と23%。そして144銘柄のうち47銘柄が10万円以下で買え、最安は1万円台に。144全銘柄に写真と桐谷さんやブロガーさんの鋭いコメントもついている。株主優待の裏ワザ&裏情報も満載で、270名様に当たる株主優待品大プレゼントもあるダイヤモンド・ザイ16年1月号もぜひ読んでみてほしい。