写真提供:マイナビニュース

写真拡大

App Annieは12月9日、2016年に注目すべきアプリの10大トレンドを分析したレポート「2016年アプリトレンド予測:tvOSからGoogle Now on Tapまで、アプリがウェブを浸食」を発表した。

アプリ市場全体がイノベーションにより絶えず変化する中、2015年には予期された通りの出来事に加え、予想外の展開もあったという。

サブスクリプションやアプリ内広告の増加などに見られるマネタイズの進化、新しいデバイス規格とプラットフォームの登場、それによる開発者およびパブリッシャーのリソースをめぐる競争の激化、そして優れたユーザー体験を提供できるアプリは「Web上でのユーザーの消費時間や消費金額を浸食している」ようだ。

2016年は、tvOSとGoogle Now on Tapが、アプリエコシステムの形成に主要な役割を担うと予想されている。これに加えて、ウェアラブルやeスポーツ、メッセージング、仕事効率化アプリなどさまざまな分野でイノベーションが進むと見込まれている。

このレポートで紹介されている2016年のアプリ10大トレンドの概要は次のとおり。

ビジネス向けでは、Google Now on Tapによる作業効率化が図れるほか、仕事効率化アプリは、入力方法の独自性や洗練化によって、より迅速に仕事を進められるようになるとみられる。