新「SW」のカギ握る4人が来日、J.J.エイブラムス監督らを熱烈歓迎。

写真拡大

シリーズ最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が、12月18日(金)18時30分、ついに公開の時を迎える。それを前に、作品のカギを握る4人が来日を果たし、成田空港が騒然。ファンから熱烈な歓迎を受けた。

空港に到着したのは、監督のJ.J.エイブラムスを筆頭に、砂漠の惑星ジャクーで家族を待ち続ける孤独なヒロイン、レイ役のデイジー・リドリー、戦うことに葛藤するストームトルーパーの脱走兵フィン役のジョン・ボイエガ、赤い十字のライトセーバーを操る、ダース・ベイダーを受継ぐ存在カイロ・レン役のアダム・ドライバーの主要キャスト3人。

到着口には、キャラクターのコスチューム姿の人々が詰めかけ、中には悪役カイロ・レンが持つ十字のライトセーバーを手にした人や、前日から夜通し待機していたという熱烈なファンを始め、新たなる3部作のキャスト登場に、空港には約300人の大きな歓声が響いた。また、父親から教えられたことがきっかけでシリーズの大ファンになったと語る人もおり、本シリーズが世代を超えて愛される物語であることが証明された。

大の日本文化好きを公言しており、「機会があれば日本に引っ越したい」とまでコメントしていたJ.J.エイブラムス監督は、「今回は、息子も来ているので、一緒に寿司を食べに行くのを楽しみにしているんだ」と語り、日本のファンに向けて「SWの公開を楽しみに待っててください」とコメント。

続いて、今年4月以来2度目の来日となるデイジー・リドリーは、「また日本に来られて夢のよう。日本食を楽しみにしています」と語り、そろって日本食へのラブコールを送った。

一方、ジョン・ボイエガは「日本の漫画が大好きで、日本に来ることをすごく楽しみにしていたんだ。日本の街も散策したい!」と日本への熱い思いを明らかにした。日本の“侍”から影響を受けたといわれる悪役カイロ・レンを演じるアダム・ドライバーは、「SWのプロモーションツアーで、一番楽しみにしていたのが“日本”なんだ。自分が演じた役のルーツになる国だからね」と語り、自身の役柄に日本文化が与えた意外な影響を明らかにした。

映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」は12月18日(金)18時30分、全国一斉公開。