東京マラソンをより快適に盛り上げるウオッチ登場!

写真拡大

セイコーウオッチ(東京都港区)は、スポーツウオッチシリーズ「スーパーランナーズ」から「東京マラソン2016」の開催を記念した限定モデル2機種を15年12月11日に発売する。

大会に合わせた「マラソンモード」機能

10回目を迎える東京マラソン。セイコーは第1回大会からオフィシャルタイマーとして計時協賛を行ってきた。

限定モデル2機種の最大の特長は新機能「スマートラップ」。マラソン大会のコース上に敷設されているマットから発せられる電波に反応して、自動でラップを取得できる便利な機能だ。手動ラップ計測時のようなボタン操作は要らず、またうっかりラップを取り忘れる心配もない。

さらに、大会を快適に盛り上げる「マラソンモード」を搭載。事前に必要情報を時計に入力するだけで、大会当日のスタート時刻30分前に「マラソンモード」が自動起動し、「スマートラップ」スタンバイ状態に。スタート時刻になると自動で計測が始まり、機能をより簡単に使用できる。

東京マラソン開催地「日本」をイメージさせる鮮やかな「赤×白」モデルと、メダルをイメージした「ゴールドカラー」モデルの2機種をラインアップ。裏ぶたには新しくなった大会ロゴマークを、柔らかく装着感の良いシリコンバンドにも「TOKYO MARATHON 2016」の文字がプリントされている。さらに、ロゴマーク入りのオリジナルピンバッヂ(非売品)を付属した。

全国の時計販売店、大手量販店、スポーツショップで各1500本数量限定で取り扱う。価格は1万7000円(税別)。