Yahoo!地図アプリにタクシー配車機能が追加。指定ルートの料金確認やタクシーの現在位置も表示

写真拡大

ヤフーは、地図アプリ「Yahoo!地図」の新機能として、タクシーの配車機能を追加しました。

地図上の指定位置にタクシーを呼び出せる機能。ルート検索後の交通手段別料金表示にタクシータブが追加され、「タクシーを呼ぶ」ボタンで乗車位置を指定し、氏名、連絡先、支払い手続きの入力をすると、タクシーの"注文"が確定するという手順です。

利用可能エリアは東京23区、三鷹市、武蔵野市で、対応するタクシーの台数は約3,400台。

【ギャラリー】Yahoo!地図アプリ タクシー配車機能 (9枚)

料金表示画面では、タクシーを利用した場合と電車や徒歩などの交通手段を利用した場合の所要時間と料金が比較可能。乗車までの目安となる待ち時間も確認できます。なお、このとき表示される料金には迎車料金や高速料金は含まれません。

乗車するタクシーの現在地はアプリ上から確認でき、無線番号によって乗車するタクシーの特定も可能となっています(無線番号はタクシーの車体に記載)。

本機能を利用するには、Yahoo!ウォレットが使用できるYahoo! JAPAN IDが必要。本機能で呼び出したタクシーの料金は、Yahoo!ウォレットもしくは注文時に指定したクレジットカードなどで決済されるので、降車時の支払いはありません。

これまで、混雑状況のグラフ化や色分けによる可視化、雨雲レーダーなどの機能を追加してきたYahoo!地図ですが、今回の新機能はYahoo版Uberとも呼べる機能。混雑時には配車できない場合もあるようですが、アプリ上でほかの交通手段を利用したときの所要時間や料金を比較しながら直接配車できるのは便利です。

複数人で移動するケースも多くなるこれからの時期、移動に関する意思決定が素早くできそうなところは魅力かもしれません。

なお本機能は、2016年の前半には全国で利用できるようになる見込みです。