画像

写真拡大

 電通ダイレクトフォースは、インタラクティブ機能を実装できる動画プラットフォーム「EICHI(エイチ)」β版の提供を開始した。動画内にストーリー分岐を設けるなど、能動的にオンライン動画を視聴するための仕組みを加えることが出来る。

 電通ダイレクトフォースは、インタラクティブ機能を実装できる動画プラットフォーム「EICHI(エイチ)」β版の提供を開始した。同プラットフォームでは、映像内の情報をブックマークしたり、再生途中にストーリーを分岐させたりすることができる。これにより、受動的だったオンライン動画の視聴態度を劇的に変えるクリエイティブ表現を可能にするのが同社の狙いだ。

 また、今回パレク・トリカルの技術提供を受けることで、シームレスな視聴とスマートフォン、タブレット、PCのマルチデバイスでも視聴可能なインタラクティブ動画の提供を実現した。

 今回のリリースでは、オウンドメディア向けの機能となっているが、同社では今後DSPやSNSなどとも連携したインタラクティブ動画の広告配信機能を開発していく予定。

MarkeZine編集部[著]