スマホで自由に操れるトカゲ型ロボ

写真拡大

電子工作キットを手がけるイーケイジャパン(福岡県太宰府市)は、エリマキトカゲ型ロボットのキット「リザードロイドBT MR-9104BT」を2015年12月11日に発売する。

LEDの目、前進・後退・「威嚇」のポーズなど、専用アプリで操作

赤外線センサーや動きに合わせて揺れるシッポ、アクションに合わせて光り方が変化するLED内蔵の目などのギミックが満載の「リザードロイド」をベースに、スマートフォン(スマホ)で操作できるよう開発。

低電力の「Bluetooth Smart」技術を使用し、Android 4.3以降対応の無料アプリ「LIZARDROID Controller」で前進・後退、エリマキをバタバタと開閉する「威嚇」などの操作が可能。赤と緑のLEDの目のオン/オフも操作できる。頭部の赤外線センサーが障害物を検知するとスマホに表示する機能も備える

はさみ、ニッパー、プラスドライバーなどで工作でき、所要時間は2〜3時間。電源は単4形アルカリ乾電池×4本(別売)。

価格は6800円(税別)。