解禁となった『シン・ゴジラ』ティザーポスタービジュアル

写真拡大

庵野秀明が脚本・総監督をつとめ、樋口真嗣が監督。主演の長谷川博己のほか、竹野内豊、石原さとみが出演することも発表されている『ゴジラ』シリーズ最新作『シン・ゴジラ』の最新ビジュアルと特報が解禁となった!

『ゴジラ』新作に長谷川博己、竹野内豊、石原さとみが出演。タイトルも発表!

解禁されたのは、本作のティザーポスター。赤をバックに横を向いたゴジラの首から上が大写しになったビジュアルだ。ちなみに、このゴジラの大きさは、ゴジラ史上最大の118.5mであることが判明。これまで最大だったギャレス・エドワーズ監督によるハリウッド版『GODZILLA』(14年)の108mを10m以上も上回る大きさだ。
 
ゴジラのイメージデザインには、スタジオジブリ作品をはじめ、数多くのアニメ作品の原画を担当するほか、『マッドマックス 怒りのデスロード』(15年)ではコンセプトアートとデザインをつとめた前田真宏氏。キャラクターデザインには、『仮面ライダードライブ』で怪人デザインを担当し、『巨神兵東京に現わる』で巨神兵の雛形造形を担当した、日本におけるキャラクター造形の第一人者である竹谷隆之氏が参加している。

一方、解禁となった特報は、手持ちのカメラのもと、何かから市民がただただ逃げ惑う姿が描かれ、最後にゴジラの咆哮が響き渡るという映像になっている。

『シン・ゴジラ』の撮影は、すでに10月に終了しており、現在は編集の真っ只中。本編は2016年6月下旬に完成予定で、公開は同年7月29日となっている。

ゴジラが日本ラグビー応援キャラクター就任。五郎丸選手も楽しみ!
庵野秀明総監督と樋口真嗣監督による最強タッグで日本版『ゴジラ』が復活!
映画『ゴジラ』の日本版が再始動。 新宿にはゴジラヘッドも出現!
次はモスラ、ラドン、キングギドラも登場!『GODZILLA』続編の製作を発表