「The Independent」内で改ざんが確認されたブログページ

写真拡大 (全2枚)

 イギリス大手新聞インデペンデント紙のメディアサイト「The Independent」が改ざんされていることを、トレンドマイクロが9日に公表した。日本時間9日12時時点でも、改ざん被害が継続しており、複数の不正プログラムが拡散されていた。

 不正プログラムのなかには、ユーザーのPC内のファイルを暗号化し身代金を要求するランサムウェア「CrypTesla」、いわゆる『vvvウイルス』も含まれている模様。数百万人のサイト読者が感染リスクにさらされる可能性があり、トレンドマイクロは「The Independent」へ報告済みとのこと。現在、サイト側と事態の収拾を図っているという。

 WordPressを使用しているブログ掲載箇所のみが被害を受け、その他の箇所には影響はないとのこと。感染したブログページは、少なくとも2015年11月21日から感染していたとみられる。閲覧したユーザのPCで「Adobe Flash Player」が最新のものになっていないと、不正プログラムに感染する。