長期離脱から復帰のベナティアが再び負傷…

写真拡大

▽バイエルンのモロッコ代表DFメディ・ベナティアが左足の大腿部を負傷したようだ。クラブの公式サイトが伝えている。

▽ベナティアは、9日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ最終節のディナモ・ザグレブ戦に先発出場を果たした。しかし前半アディショナルタイムに左足を負傷。そのままピッチ脇に座り込んでハーフタイムを迎え、後半はベンチに下がっていた。

▽クラブ公式サイトによると、ベナティアは左足の大腿部を負傷した模様。詳しい診断はミュンヘンに戻ってから行われるとしているが、負傷離脱は避けられないようだ。なお、ベナティアは8月22日に行われたブンデスリーガ第2節ホッフェンハイム戦で右足大腿部を負傷して長期離脱を強いられており、11月4日に行われたCL第4節のアーセナル戦で復帰したばかりだった。