アロマというと、香りを楽しむ癒しのイメージが強いですが、植物から抽出した香りの成分には、さまざまなパワーが秘められています。特にアロマが得意とする分野が、抗菌・抗ウィルスです。冬を迎え、本格的な風邪のシーズンになりました。風邪かなと思ったら、アロマを上手に活用して風邪の症状を和らげてみませんか。


風邪のときにはこの3種類。ユーカリ、ティートリー、ペパーミント。

アロマというと日本では“香りで癒す”、というイメージが強いですが、フランスではアロマテラピーは医師による医療行為として位置づけられいて、医師の処方により薬剤師が精油を調合します。特に風邪のときには、精油の抗菌・抗ウィルスの効能が重視されています。
日本では風邪で鼻づまりやくしゃみがつらいとき、市販のヴィックス・ヴェポラッブ(大正製薬)がよく使われます。1日3回、胸や背中、のどに塗るものですが、この塗り薬には天然のユーカリの精油が配合されています。
一口にアロマといっても芳香浴だけでなく、さまざまな使い方があります。風邪のときに使われる代表的な精油は、ヴェポラッブに使われている「ユーカリ」があげられますが、さらに、「ティートリー」と「ペパーミント」も有効です。このどれもが抗菌・抗ウィルス効果の高い精油です。風邪をひいたときは、これら基本の3種類を上手に利用して、風邪のつらい症状を和らげましょう。
《ユーカリ》…風邪といえばユーカリ
・抗ウィルス作用(風邪ウィルスに)
・カタル性のうっ血の除去と去痰作用(鼻や気管支のゼロゼロを排出しやすくする作用)
・抗菌作用(大腸菌などの殺菌)
・抗炎症作用
・解熱作用
《ティートリー》…殺菌力がケタはずれ
・殺菌作用
・抗ウィルス作用
・抗炎症作用
・免疫促進作用(白血球を活性化し、病気の回復を早める)
・抗真菌作用(水虫などのカビに)
《ペパーミント》…鼻水や痰を排出しやすくする
・鎮痛作用(風邪でのどや頭が痛いとき)
・鼻粘液の排出作用・去痰作用
・殺菌作用
・解熱作用

コアラの主食はユーカリの葉。

コアラの主食はユーカリの葉。


ホホバ油に精油を混ぜて、胸や首、のど、背中に塗ってみよう。

風邪をひいてしまったら、下記のレシピで手作りの“塗り薬”を作ってみましょう。市販のヴィックス・ヴェポラッブを塗る要領で、1日3〜5回、のどや胸を軽くマッサージして塗布します。精油の有効成分が皮膚から入るだけでなく、鼻や口からも吸収されることによって、呼吸が楽になります(下記のレシピは2%の濃度で大人用です。お子さんに使用するときは、ホホバ油の量を2倍にして、1%の濃度にしてください)。下記のレシピ以外でも、基本の3種類を症状に合わせて配合してもOKです。
≪風邪の初期症状には≫
・ホホバ油…5ml
・ユーカリ…2滴
≪セキがひどいとき≫
・ホホバ油…10ml
・ユーカリ…2滴、ラベンダー…1滴、サイプレス…1滴
≪のどが痛いとき≫
・ホホバ油…5ml
・ユーカリ…1滴、ティートリー…1滴
または、
・ホホバ油…12.5ml
・ユーカリ…2滴、ティートリー…2滴、ペパーミント…1滴
≪たんがからむとき≫
・ホホバ油…12.5ml
・ユーカリ…2滴、ティートリー…2滴、サイプレス…1滴
≪鼻がつまるとき≫
・ホホバ油…15ml
・ローズマリー…3滴、ラベンダー…2滴、ペパーミント…1滴
※ホホバ油以外にも、スイートアーモンド油やグレープシード油でも可。
※植物油、精油はいずれも天然成分100%のものを使用してください。
※精油は直接、肌に触れないようにしましょう。
※精油を使用して皮膚に異常があらわれたときは、すぐに使用を中止し、医師に相談してください。
気温が下がり、空気が乾燥する冬。本格的な風邪のシーズンになってきました。これから迎える年末年始の忙しい時期、風邪をひってしまったら、アロマを上手に利用して、こじらせる前に早く治しておきたいですね。
また、風邪をひく前の、アロマを利用した風邪の予防法については、tenki.jpサプリ2015年2月23日の記事をご覧ください。うがいや吸入など、手軽に使える風邪予防のレシピを紹介しています(リンク先は下記参照)。