東芝の不正会計問題 新日本監査法人に課徴金を検討

ざっくり言うと

  • 10日、金融庁が新日本監査法人に課徴金の行政処分も検討していることが判明
  • 監査を担当した東芝の不正会計を見抜けなかった責任は重いとみられている
  • 早ければ年内に処分が判断され、適用されれば監査法人では初めてとなる

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング