東京外国為替市場の円相場 1ドル121円台前半で1カ月ぶりの円高水準

ざっくり言うと

  • 10日午前の東京外国為替市場の円相場は、1ドル=121円台前半で取引された
  • 9日の米国市場における主要株価指数の下落も影響し、約1カ月ぶりの円高水準
  • 原油価格の下落が続き、リスク回避のドル売り・円買いが優勢となった

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング