画像

写真拡大 (全2枚)

 WEBサービスのUI改善を簡単に実現できるプラットフォーム「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platformは、ヒートマップ解析ツール「クリックテール」とのデータ連携を開始した。これにより、A/Bテストの結果をより視覚的に判断できるようになる。

 WEBサービスのUI改善を簡単に実現できるプラットフォーム「Kaizen Platform」を運営するKaizen Platformは、ヒートマップ解析ツール「クリックテール」の日本における販売・サポートを行っているギャプライズと提携し、両ツールでのデータ連携を開始した。

 同連携では、「Kaizen Platform」上で行われるWebサイト最適化のテストで利用されるデザインバリエーションごとに、ユーザー行動が正確に「クリックテール」で閲覧できるようになる。そのため、実行したテストの良かった・悪かった点が視覚的にも正確に判断できるようになる。この結果、マーケターはテスト結果からこれまでよりも素早くユーザーインサイトを得ることができるようになり、次のテストの実行までの時間を短縮することが可能になる。

MarkeZine編集部[著]