今、銀座で最注目のグルメは“サンドイッチ”!?老舗や専門店の極上サンド5選

写真拡大

最近、銀座でホットなグルメとして“サンドイッチ”が注目されているみたい。あんぱんの老舗「木村屋」や食パン好きの間で人気の「Centre The Bakery」など、パンにこだわり抜いているお店から、サーモンやコロッケなどの専門店がつくるサンドイッチまで、5つの極上サンドイッチをピックアップ!◆銀座の老舗店「木村屋」の小海老のカツレツサンド


創業146年、銀座に店を構えてから142年にもなる老舗パン屋。あんぱんの先駆けで、明治天皇にも献上されたそう。常時約130種類のパンが並び、テイクアウト用のサンドイッチは定番9種を用意。2Fカフェでは、エビカツサンドがアツアツのうちにイートインで食べられるから、ランチにももってこい。

写真/約10匹のエビが入ったカツとオーロラソースの酸味、「完熟」という種類のモチモチ食パンがひと口で楽しめる。20年変わらない味。1100円

◆こだわり食パンに定評のある「Centre The Bakery」のBLTサンド


有名ベーカリー「VIRON」がオープンした食パン専門店。“本当においしい食パン”にこだわり、産地の異なる小麦から作る3種の食パンを用意。その3種をさらに具材により使い分けたサンドイッチは全14種で、常に作りたてを提供する。テイクアウトは電話予約もできるので、できたてほやほやをかぶりつこう。

写真/カリカリ厚切りベーコンときれいに折りたたんだシャキシャキのレタスが絶妙。北米産小麦のさっくりとしたパンにマッチ。1890円

◆上質な牛肉をサンド!「tcc Cafe & Restaurant」のステーキ・サンドイッチ


シンガポールの人気カフェが、今年2月に日本初上陸。多彩なメニューから、ビーフ100%のパテで作るハンバーガーや、3種のサンドウィッチがテイクアウト可能。フレンチフライ&ウェッジポテト付きで、ボリューム満点なのも嬉しい。お店自慢のサイホン式コーヒーをお供に、贅沢ランチはいかが?

写真/米国農務省お墨付きの上質な牛肉ステーキをサンドした、豪勢な1品。まずは肉のうまみを堪能して。お好みでBBQソースをどうぞ。1728円

◆旬の鮭をたっぷり使用!「王子サーモン」の時鮭のサンドウィッチ


今年の4月リニューアルオープン。モダンな店内には、世界中の海から厳選された旬の鮭のほか、調味料やワインなど鮭と好相性のおすすめ品が並ぶ。そして7月に、旬の鮭と季節の食材を丸ごといただくチャバタサンドとトルティーヤが登場。テイクアウトはもちろん、イートインもOKだから軽食にどうぞ。

写真/さっぱり味の時鮭が主役のサンド。外はパリッ、中はもっちりのパンと、レンコンの食感も楽しんで。972円

◆昔から愛され続ける惣菜店「チョウシ屋」のコロッケサンド


挽き肉入りコロッケを初めて店頭販売した、銀座の老舗お惣菜店。注文を受けてから揚げるというコロッケやハムカツなど、昔ながらのできたて惣菜4種をパンに挟んだサンドイッチは全6種。ガッツリ食べたい人は、ダブルコロッケやコロッケ&メンチといった、ボリューム満点のメニューがおすすめ。

写真/オーガニックの男爵芋を使用したコロッケにかかる、昔ながらの甘辛ソースとからしがアクセント。食パンかコッペパンから選べる。260円