解禁となった『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』場面写真 (C) 2015 WARNER BROS ENTERTAINMENT INC. ALL RIGHTS RESERVED

写真拡大

人気シリーズ『ハリー・ポッター』の5年ぶりとなる新シリーズ『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』の場面写真が解禁となった。

『ハリー・ポッター』新シリーズの邦題が『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に決定!

本作の舞台となるのは、『ハリポタ』と同じ魔法界。舞台はイギリスのロンドンから、1926年のアメリカ・ニューヨークへと移る。

解禁となった写真に写っているのは、ダニエル・ラドクリフ演じたハリー・ポッターに続き、『ハリポタ』シリーズをけん引することになった主人公ニュート・スキャマンダーを演じるエディ・レッドメイン。『博士と彼女のセオリー』で2015年のアカデミー賞主演男優賞に輝いた若手実力派俳優だ。

役どころは、ポッターたちがホグワーツ魔法学校の授業で使っていた教科書「幻の動物とその生息地」を編纂した、魔法動物たちを研究した人物。世界中を旅し発見した魔法動物たちを記録したり、捕獲する、魔法界きっての“魔法動物学”魔法使いで、人といるより獣や動物に囲まれていた方が楽と感じる性格。手に持っているスーツケースは、魔法のアイテムになっており、時に危険な魔法動物たちを目一杯詰め込んでいて、スイッチを入れると中身が魔法使い以外には見えなくなる仕組みになっており、スーツケースに入れておいた魔法動物が逃げ出したことがきっかけで、米国魔法界と衝突してしまい、追われる立場になるという物語だ。

すでに発表されているとおり、『ハリポタ』シリーズの原作者J・K・ローリングが初めて映画の脚本に加わった本作は2016年冬より全国公開となる。

『ハリー・ポッター』新作にオスカー俳優エディ・レッドメイン。J・K・ローリングも脚本家デビュー!
アカデミー賞主演男優賞に『博士と彼女のセオリー』のエディ・レッドメイン
エディ・レッドメインが世界初の性別適合手術を受けた画家役を熱演!
オスカー俳優エディ・レッドメインがオメガのアンバサダーに就任!