ヒトクセ、Webサイトのデザインに自動最適化する動画広告「ネイティブ動画フォーマット」をリリース

写真拡大 (全2枚)

これにより、従来の「カメレオン」の特徴であるWebサイトのデザインに自動最適化した広告を配信する機能を活用した動画広告を、既にカメレオンとシステム連携しているアドネットワーク(※1)やDSP(※2)で、配信可能となります。主にブランディング(※3)向けにネイティブ広告を展開します。

カメレオン公式ページ : http://chameleon-ad.com/

ダイナミックネイティブアド「カメレオン」の概要

ネイティブアドは掲載メディアに広告を自然に溶け込ませ、ユーザーにストレスを与えずに情報を届ける広告手法です。通常のバナー画像よりも広告の視聴時間が長く、ブランディング効果の改善が期待されています。
これまで、ネイティブアドを配信する場合、デザインを手動で調整する必要があり、導入障壁の高さが問題となっておりました。

ヒトクセが開発したダイナミックネイティブアド「カメレオン」は、広告が表示されたWebサイトのデザイン情報を解析し、広告がサイトに合ったデザインに自動的に変化するサービスです。これにより、デザインを手動で調整することなく、ネイティブアドを配信することが可能となります。また、文章とアイコン画像を入稿するだけで、サイトに最適化されたデザインに変化するため、手軽にネイティブアドを配信することが可能です。カメレオンで出力したタグをヒトクセと提携するDSPやアドネットワークに入稿することで、それぞれのディスプレイ広告枠に対して配信可能です。

(※1)アドネットワーク:複数の媒体に対して広告を配信するサービス
(※2)DSP:Demand Side Platform(デマンドサイドプラットフォーム)。広告在庫の買い付けから配信、オーディエンスターゲティングなどを一括して管理できる広告配信プラットフォーム。
(※3)ブランディング:主に認知を目的とするもの。